2019年大注目のドライブレコーダーを昼夜実走テストで比較した。セレクトしたのは人気の前後2カメラ型の7モデル、360度型の2モデルの最新9機種。テスト項目は、設置性、フロント昼間画質/夜間画質、リア昼間画質/夜間画質、操作性の6つを各10点満点で採点。あなたにピッタリの最強のドラレコを見つけてほしい!

都内を昼夜実走して、注目モデルを全方位チェック!

前後2カメラ&360度カメラの9機種でテスト

今回のテスト機には、注目度抜群の前後2カメラ型の7モデルに加え、360度型の2モデルを加えた最新の9機種をセレクト。走行テストは、東京都内のお台場周辺を中心に昼夜をまたぎ行った。 

テストに使ったクルマはこれ!
フォルクスワーゲン ポロGTI

ポロ初の3ナンバーボディとなり、車内スペースを大幅拡大。スポーツ仕様のGTIは2Lターボ・TSIエンジンを搭載する。

テスト項目は、2カメラ型も360度型も共通とし、設置性、フロント昼間画質/夜間画質、リア昼間画質/夜間画質、操作性の六つを各10点満点で採点した。

カメラの画質については、フロントカメラでは、昼間は、カメラの画角や鮮明度を確認。前方車のナンバーが読み取れるか、トンネルから出た際の輝度差をどう処理するかなどもチェック。

夜間は、映像の再現性、ノイズの発生具合、解像度などを検証した。リアカメラでは、スモーク仕様のウインドーがカギとなる。一般に、昼間は十分な輝度が確保できるため、鮮明さは増す印象だが、夜間は輝度が落ちるため、カメラにとって厳しい条件となり、差が出やすい。

操作性については、ボタンの押しやすさやメニュー画面のわかりやすさなどを評価している。

今回テストしたモデルの主要スペック一覧

メーカー・製品名発売年月実売価格例記録解像度(ドット)カメラ画角microSDカード
(付属/最大)
モニター
2カメラ型オウルテック
OWL-DR801G-2C
2018年12月2万6460円1920×1080(前)
1280×720(後)
対角135°(前)
対角120°(後)
16GB/128GB2.7型
ケンウッド
DRV-MR740
2018年10月3万6600円1920×1080(前)
1920×1080(後)
対角111°(前)
対角111°(後)
16GB/32GB2.7型
セルスター工業
CSD-790FHG
2018年6月3万7740円1920×1080(前)
1280×720(後)
対角141.8°(前)
対角127°(後)
16GB/64GB2.4型
データシステム
DVR3100
2018年10月3万4800円1920×1080(前)
1920×1080(後)
対角140°(前)
対角140°(後)
16GB/64GB3.0型
パイオニア
VREC-DH700
+ND-BC8Ⅱ(別売)
2018年10月2万3500円
※ND-BC8Ⅱは
1万249円
2304×1296(前)対角132°(前)16GB/32GB2.4型
パパゴジャパン
GoSafe S36GS1
2018年6月2万3050円1920×1080(前)
1920×1080(後)
対角140°(前)
対角180°(後)
32GB/128GB2.7型
ユピテル
DRY-TW9100d
2018年10月3万4560円1920×1080(前)
1920×1080(後)
対角151°(前)
対角157°(後)
16GB/32GB
360度カメラ型カーメイト
ダクション360 S
2018年11月6万4584円1920×1080(前)
2880×1440(全天球)
全天球360°-/32GB
コムテック
HDR360G
2018年7月3万2520円1856×1856(全天周)全天周360°16GB/32GB2.4型
caption

結果
フロントの画質はどのモデルも及第点。リア画質の差が大きい!

ソニー製CMOSの採用が画質を大きく左右する

テストを振り返ると、画質は、やはりセンサーによるところがとても大きいことを実感した。STARVISなどのソニー製センサーを搭載した機種が、軒並み高得点をマークしたからだ。STARVISは裏面照射型で、特に暗いところでの特性に優れるが、昼間の映像も、高コントラストで鮮明さが際立っていた。

ただし、フロントの画質だけなら、どの機種も十分な解像度を備えており、リアへの対応をどこまで求めるかが、選択時の大きなポイントになる。“あおり運転”対策を重視するのなら、リアカメラの画質や画角にも注目すべきだろう。

次に、使い勝手を見ると、撮影した映像をチェックするのはパソコンかスマホとなる。しかし、意外にも2カメラに対応していないアプリがけっこうあった。前・後の映像をアプリ上で切り替えられないのは、2カメラモデルとして不十分といわざるをえない。

●ドライブレコーダー最新モデル実走テストまとめ

メーカー・製品名設置性フロント
昼間画質
フロント
夜間画質
リア
昼間画質
リア
夜間画質
操作性合計
パパゴジャパン
GoSafe S36GS1
6109108649
ユピテル
DRY-TW9100d
977108748
ケンウッド
DRV-MR740
79987747
データシステム
DVR3100
78897645
セルスター工業
CSD-790FHG
88965844
オウルテック
OWL-DR801G-2C
68874538
パイオニア
VREC-DH700
48754937
カーメイト
ダクション360S
97643736
コムテック
HDR360G
96543835

最新ドラレコ
おすすめモデルはコレ!

こうした点を踏まえたうえで秀でていたのが、パパゴだ。ソニー製センサーを前・後に使い、映像処理の巧みさも際立った。

パパゴジャパン GoSafe S36GS1

実売価格例:2万3050円

前・後のカメラにソニー製CMOSセンサーを採用し、圧倒的な画質を手にした。ドライブの思い出記録としても十分なクオリティを持つ。本体のメニュー構成もわかりやすく、ビューワーも2カメラに対応。コストパフォーマンスにも優れる一台だ。

ユピテルは、リアを含め、画質は高評価だが、モニターを備えていないため好みが分かれるだろう。ケンウッドは、フロント、リアともに十分な画質だったが、特筆すべき点がなかったのが、トップに届かなかった要因だ。

データシステムは、ソニー製センサーの実力をうまく生かしきれてない印象だ。セルスターは、ビューワーアプリの使い勝手が特によかった。

360度型は、周囲すべてを撮影することを売りとするが、後方まではさすがにカバーしきれないし、切り出した画質でも劣る。ただ、左右方向の状況に対応できるし、駐車監視機能でもメリットはある。
ニーズをよく見極めて選ぶべきだ。

※価格は記事作成時のものです。

解説/会田肇 (自動車評論家)撮影/河野公俊