「クラウド」ってよく聞くけど、何のこと? と思っている人は少なくないだろう。スマートフォン(スマホ)でクラウドを使うと、これまでと何が変わるのか、どんないいことがあるのかをまとめてみた。

クラウドを活用して、もっとスマホ生活を便利にしよう!

まず「クラウド」の定義をおさらいしておくと、データの実体を遠く離れたサーバー(ストレージ)に保存しておくというネットサービスを指す。

この遠く離れたという点が「雲」と似ているので、「クラウド」と呼ばれるようになったといわれる。

したがって、基本的にはクラウド上にデータの実体があるサービスであれば、どんなものも「クラウドサービス」と呼べる。広義ではGoogleの「Gmail」や、アップルの「iTunes」などもクラウドサービスの一つといっていい。

そんなクラウドサービスと最も相性がいい端末といえるのが、ほかならぬ「スマホ」だ。

というのも、クラウドを利用するにはネット環境が必須となるが、スマホなら、常時ネットにアクセスできるため、クラウドサービスをアプリ感覚で手軽に利用できるからだ。

クラウド導入の主なメリットは以下の7つ!

クラウドの用途は、例えば、スマホのデータを簡単にバックアップしたり、パソコンで保存した音楽をスマホから再生したりなど、実にさまざまだ。

スマホをフル活用したいなら、クラウド導入はもはや避けて通れない道といっていいだろう。

❶連絡先や写真など、スマホの大切なデータをバックアップできる

連絡先や写真を失ったらダメージは計り知れないが、クラウドなら、こうした重要なデータを手間なくバックアップすることができる。

❷パソコンとスマホで同じ文書データを閲覧したり、編集したりできる

クラウドではデータの実体がサーバー上にあるため、ネット環境さえあれば、パソコンやスマホで同じ文書データにアクセスできる。

❸パソコンからアップロードした写真を、外出先のスマホで見られる

同期アプリを使えば、パソコンから写真をクラウドに自動保存可能。こうしておけば、どこでも写真をスマホで見ることができる。

❹パソコンからアップロードした音楽を、外出先でスマホを使って聴ける

パソコンから楽曲ファイルをクラウドに保存しておけば、どこでもスマホからストリーミング再生して楽しむことができる。

❺レコーダーに保存してある番組を、外出先からスマホで見られる

ブルーレイレコーダーなどによっては、録画した番組を、外出先からスマホで鑑賞できるクラウド機能を備えているものもある。

❻思いついたアイデアやウエブサイトなどをクリップして活用できる

ノート形式のクラウドサービスなら、スマホやパソコンで保存したメモ書きやウエブページを、多くの端末で同期&編集できる。

❼メールでは送れない大容量のファイルをアップロードして、人に渡せる

メールでは直接送信できない大容量のファイルも、ファイル転送サービス型のクラウドを経由すれば、問題なく送付できる。

クラウドの活用法は無限にある。

こういったクラウドサービスのメリットを知って、あなたもスマホで存分に写真や映像、音楽を楽しんでほしい。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.