100%モーター駆動と高速道路自動制御を採用した先進ミニバン

日産
セレナ e-POWER
価格:340万4106円(e-POWER ハイウェイスターV)

画像: ブルーがアクセントになったフロントグリル、LED3本ラインのストップランプ、空力を考慮したリアサイドスポイラー&15インチアルミホイールなどでガソリン車と差別化。

ブルーがアクセントになったフロントグリル、LED3本ラインのストップランプ、空力を考慮したリアサイドスポイラー&15インチアルミホイールなどでガソリン車と差別化。

電気自動車(EV)のリーフで培った電動化技術を応用した「e-POWER」。コンパクトカーのノートに搭載され大人気だが、新たにセレナにも設定された。

セレナが属するMクラスミニバン市場は激戦区で、ライバルがフルハイブリッドをラインアップする中、e-POWER投入は、販売現場の要望にもこたえた形だ。

システムは、基本的にはノートe-POWERと同じで、発電用の直列3気筒1.2リットルにモーターの組み合わせだが、車両重量が重く、乗車定員も多いセレナに合わせて最適化。

発電用とはいえミニバンに1.2リットルと聞くと、「本当に走るのか?」と疑問を持つ人もいると思うが、実際に乗ると、2リットルのガソリン車がトロいと感じてしまうくらいの力強さ。

ドライバーの操作に忠実かつスムーズな走りなのだ。

また、ノートe-POWERやリーフと同様、アクセル操作のみで加減速可能な「e-POWERドライブ」を採用するが、減速/停止時のコントロールはプロドライバー顔負けの滑らかさで、積極的に使いたくなる。

シフトノブは軽い力で操作可能

画像: インテリアについても、メーターやコンソールトレイ、スタータースイッチなどにブルーのアクセントをプラス。シフトは、軽い力で操作可能なバイワイヤー式を採用している。

インテリアについても、メーターやコンソールトレイ、スタータースイッチなどにブルーのアクセントをプラス。シフトは、軽い力で操作可能なバイワイヤー式を採用している。

バッテリー走行を積極的に行う「マナーモード」や、マナーモードをフル活用できるように事前に充電する「チャージモード」も用意。

バッテリー走行は約3キロ可能で、早朝や深夜の住宅街でも役に立ちそうだ。

静粛性に関しては、ガソリン車に対し、25アイテムの遮音仕様をグレードアップ。日常走行ではアクセルを全開にしない限り、騒がしいと感じることはないと思う。

高速道路の同一車線自動運転技術「プロパイロット」をオプションで用意。ガソリンエンジンより応答性に優れるモーター駆動とのマッチングも良好で、快適なクルージングを可能にしている。

2列めにキャプテンシートを採用した7人乗り仕様

画像: e-POWERは、新型セレナで唯一2列めキャプテンシートを採用した7人乗り仕様。駆動用バッテリーをフロントシート下に配置するため、居住スペースはガソリン車とほぼ変わらない。

e-POWERは、新型セレナで唯一2列めキャプテンシートを採用した7人乗り仕様。駆動用バッテリーをフロントシート下に配置するため、居住スペースはガソリン車とほぼ変わらない。


フットワークは、ガソリン車より100キロの重量増や低重心化、システム搭載に伴う補強がいい方向に効き、直進性アップや安心感のあるコーナリング性能、しっとりとした乗り味など、ガソリン車よりレベルアップしている。

セレナが持つ使い勝手やユーティリティのよさに加え、〝電動化〟という武器をプラスしたセレナe-POWER。個人的には、「これがセレナの本命」と思うくらいの仕上がりだった。

解説/山本シンヤ(自動車研究家)

This article is a sponsored article by
''.