フルサイズセンサーと超解像技術を搭載した最高級一眼レフカメラ

リコー
PENTAX K-1 MarkⅡ

●発売日:4月下旬
●予想実売価格:ボディ単体=27万円程度 レンズキット=33万4800円程度

画像1: リコー PENTAX K-1 MarkⅡ
画像2: リコー PENTAX K-1 MarkⅡ

リコーは、デジタル一眼レフカメラの最上位機種として、有効3640万画素の35ミリフルサイズCMOSセンサー(ローパスフィルターレス)を搭載した「PENTAX K-1 MarkⅡ」を発売する。

新採用のアクセラレーターユニットと画像処理エンジン「PRIME Ⅳ」により、高画質・高感度・低ノイズ性能を高めたのが特徴で、最高ISO81万9200の超高感度撮影も楽しめる。

また、手ブレ補正機構を活用した超解像撮影技術も進化。精細感が向上したほか、手ブレ補正との併用も可能になった。

ボディは、防塵・防滴仕様のマグネシウム合金製。

気軽に高画質写真を撮影できる初心者向けのデジタル一眼レフ

キヤノン
EOS Kiss X90

●発売日:3月下旬
●実売価格:ボディ単体=5万8900円程度 レンズキット=6万8600円程度

画像1: キヤノン EOS Kiss X90
画像2: キヤノン EOS Kiss X90

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラのエントリー機として、「EOS Kiss X90」を発売した。

APS-Cサイズの有効2410万画素CMOSセンサーを搭載しており、解像感に優れた高品位な写真を撮影できるのが特徴。

シーンに合わせて自動で適切な設定を行う九つの撮影モードや、特殊効果を加える5種類のクリエイティブフィルターも備えているので、初心者でも本格的な写真表現が楽しめる。

また、無線LANの搭載により、スマホやタブレットとの快適な連係も実現。

画像のワイヤレス転送だけでなく、専用アプリで遠隔操作も可能だ。

2030万画素センサーを採用し多彩な撮影機能も備えた新モデル

パナソニック
LUMIX DC-GX7MK3

●発売日:3月15日
●実売価格:ボディ単体=10万8000円程度 標準ズームレンズキット=11万9800円程度 ライカDGレンズキット=15万1200円程度

画像1: パナソニック LUMIX DC-GX7MK3
画像2: パナソニック LUMIX DC-GX7MK3
画像3: パナソニック LUMIX DC-GX7MK3

パナソニックが、ミラーレス一眼の最新モデル「LUMIX DC-GX7MK3」を発売した。

ローパスフィルターレスの有効2030万画素Live MOSセンサーを搭載しており、高精細な写真を気軽に撮影できるのが特徴。

ボディ内手ブレ補正(5軸)とレンズ内手ブレ補正(2軸)を組み合わせた「Dual I.S.」や、チルト式電子ビューファインダーも装備しているので、あらゆる場面で快適な撮影が楽しめる。

また、「4Kフォト」で連写した写真を選びやすくするマーキング機能、印象的なモノクロ写真が撮れる「L.モノクロームD」なども新搭載。

ボディ内手ブレ補正を初搭載したミラーレスのフラッグシップ機

富士フイルム
X-H1

●発売日:3月1日
●実売価格:25万1800円程度(ボディ単体)

画像1: 富士フイルム X-H1
画像2: 富士フイルム X-H1

富士フイルムが、ミラーレス一眼のフラッグシップモデル「X-H1」を発売した。

新開発の高剛性・高耐久ボディに、有効2430万画素の「X-Trans CMOSⅢ」センサー(APS-Cサイズ)を搭載しているのが特徴で、さまざまなシーンで色鮮やかな高画質写真を撮影できる。

また、「Xシリーズ」初となるボディ内手ブレ補正機構(補正効果最大5.5段)も装備しているから、夜景や動きのある被写体も安定した画像で記録することが可能だ。

ほかに、不安定な光源下でも適正な露出を実現するフリッカー低減機能、4K動画撮影機能なども搭載。

高品位な画質と最先端の機能を備えたフルサイズミラーレス

ソニー
α7Ⅲ

●発売日:3月23日
●実売価格:ボディ単体=24万8300円程度 ズームレンズキット=26万9900円程度

画像1: ソニー α7Ⅲ
画像2: ソニー α7Ⅲ

ソニーが、最新型のミラーレス一眼カメラ「α7Ⅲ」を発売した。

新開発の35ミリフルサイズCMOSセンサー(有効2420万画素)と、従来比約1.8倍の高速処理が可能な新世代画像処理エンジン「BIONZ X」の搭載により、さらなる高画質化を実現したのが特徴。

最大ISO20万4800(拡張時)の高感度撮影機能、693点測距の像面位相差検出AF、5軸手ブレ補正機構なども装備しており、さまざまな撮影シーンに自在に対応できる。

また、充電1回で最大710枚の静止画が撮れる優れたバッテリー性能も備えている。4K動画撮影も可能。

大判センサーと高倍率ズームを搭載した高級コンパクトデジカメ

パナソニック
LUMIX DC-TX2

●発売日:3月15日
●実売価格:10万8000円程度 

画像1: パナソニック LUMIX DC-TX2
画像2: パナソニック LUMIX DC-TX2

パナソニックは、コンパクトデジカメの新製品として、有効2010万画素の1.0型高感度MOSセンサー搭載の「LUMIX DC-TX2」を発売した。

大判センサー搭載モデルながら、光学15倍の高倍率ズーム(35ミリ判換算で24〜360ミリ)を装備しているのが特徴で、遠くにいる被写体も大きく高精細に記録できる。

距離3センチのマクロ撮影も行えるので、小さな被写体もディテール豊かに撮ることが可能だ。

また、高速連写で決定的瞬間を逃さない「4Kフォト」も進化。写真を選びやすくするマーキング機能や軌跡合成機能が追加された。

特大容量インクタンクを搭載した新型インクジェットプリンター

キヤノン
G3310/G1310

●発売日:2月22日
●実売価格:G3310=4万3100円程度 G1310=2万6900円程度

5.2Kの超高画質全天球映像を手軽に撮れるアクションカメラ

GoPro
Fusion

●発売日:4月予定
●実売価格:未定

画像1: GoPro Fusion
画像2: GoPro Fusion
画像3: GoPro Fusion

タジマモーターコーポレーションは、GoPro初の360°カメラ「Fusion」を発売する。

薄型スクエアボディの前面と背面に、超ワイドレンズ付きのカメラを1基ずつ搭載しており、5.2K/30fpsの全天球動画や1800万画素の全天球写真を手軽に撮影できるのが特徴。

強力な手ブレ補正機構も備えているので、動きの激しいスポーツシーンでも安定した映像を記録できる。

撮影映像の閲覧や編集は、iOS用アプリを使って簡単に行える(Androidにも対応予定)。

このアプリで、全天球映像から通常画角のフルHD動画を切り出すことも可能だ。

特大容量インクタンクを搭載した新型インクジェットプリンター

キヤノン
G3310/G1310

●発売日:2月22日
●実売価格:G3310=4万3100円程度 G1310=2万6900円程度

画像: G3310

G3310

画像1: 特大容量インクタンクを搭載した新型インクジェットプリンター
画像2: 特大容量インクタンクを搭載した新型インクジェットプリンター

キヤノンは、インクジェットプリンターの新製品として、A4対応の「G3310」と「G1310」を発売した。

本体前面に特大容量インクタンクを搭載しているのが特徴で、めんどうなインク交換の頻度を大幅に減らし、快適かつ経済的に利用できる。

交換用の大容量インクボトル各色1本で、モノクロ約6000ページ、カラー約7000ページの大量プリントが可能だ(購入時にはブラック2本とカラー各色1本が付属)。

上位機種の「G3310」は、無線LANを内蔵しているので、パソコン、スマホ、タブレットからのワイヤレスプリントも行える。

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.