文房具は、年々進化している。あまり世間に大きく喧伝されることもないが、より使いやすく、便利になっているのだ。ここでは、驚きの高機能を持つ新定番の傑作を紹介しよう。

ノック部でゴシゴシ消せるボールペン

三菱鉛筆
ユニボール R:E
194円

画像: ノック部でゴシゴシ消せるボールペン

消せるボールペンといえば、長らく「フリクション」シリーズ(パイロット)の独壇場だったが、その対抗馬として登場したのが、この「ユニボールR:E」。

〝熱消去性インクに摩擦熱を与えることで無色にする〟というのが消える仕組みだ(基本的に「フリクション」と同じ)。

実際に使ってみたが、予想以上にきれいに消えるという印象。

専用消し具に弾力性があり、消している感触は消しゴムに近い感じだ。

書き味も滑らかで、発色もいい。

画像: キャップ付きの専用消し具はノック部に搭載。通常時はカチッとノックできるが、逆さにするとロック機構が働いて消し具を固定し、しっかり消せるようになる。

キャップ付きの専用消し具はノック部に搭載。通常時はカチッとノックできるが、逆さにするとロック機構が働いて消し具を固定し、しっかり消せるようになる。

普通の消しゴムで消せる色付きのシャーペンの芯

三菱鉛筆
ユニ ナノダイヤ カラー
216円

画像: 普通の消しゴムで消せる色付きのシャーペンの芯

色を使い分け、わかりやすく印象的なノートを取れるということで、学生を中心にシャープペンシルのカラー替芯が人気。

この「ユニ ナノダイヤ カラー」は、その最新モデル。

製法を一から見直したことで、高い消去性を実現しており、市販の消しゴムできれいに消せるようになった。

画像: レッド、ピンク、オレンジ、グリーン、ミントブルー、ブルー、ラベンダーの7色をラインアップ。7色がすべて入った「MIX」も用意されている。

レッド、ピンク、オレンジ、グリーン、ミントブルー、ブルー、ラベンダーの7色をラインアップ。7色がすべて入った「MIX」も用意されている。

自動で芯が出続け、しかも折れにくいシャーペン

ぺんてる
オレンズネロ
3240円

画像: 自動で芯が出続け、しかも折れにくいシャーペン

シャーペンを使う際のストレスといえば、「芯が折れること」と「定期的にノックして芯を出さなければならないこと」。

それを両方とも排除したのが、この「オレンズネロ」だ。

スライドする先端パイプが常に芯を守り続ける「オレンズシステム」により、極細芯でも折れない筆記を実現。

さらに、ペン先を紙面から離すたびに芯が繰り出される「芯出し機構」により、最初のワンノックのみで最後まで書き続けられる。

画像: ボディには、樹脂と金属を混合した特殊材を使用。適度な重量感があり、持ちやすい。カラーは、高級感あふれる黒(=ネロ)だ。

ボディには、樹脂と金属を混合した特殊材を使用。適度な重量感があり、持ちやすい。カラーは、高級感あふれる黒(=ネロ)だ。

はがれにくく、削れにくい修正テープ

プラス
ホワイパースライド
345円

画像: はがれにくく、削れにくい修正テープ

修正テープは手軽に使えて便利だが、再筆記時にテープが削れたり、はがれたりしやすいのが欠点だった。

本品は、それを克服するため、削れにくい新開発テープを採用。

修正したテープの上にも、スムーズに書き込みが行える。また、テープの貼りやすさも向上している。

画像: 一般的なテープは、ペン先が食い込んだりして再筆記しづらいが、新開発テープは、ペン先が引っかからないので書きやすい。

一般的なテープは、ペン先が食い込んだりして再筆記しづらいが、新開発テープは、ペン先が引っかからないので書きやすい。

好きな長さにカットできるケース入りの付箋

ヤマト
テープノフセン
345円

画像: 好きな長さにカットできるケース入りの付箋

〝サイズが決まっている〟という付箋の常識を覆したのが、この「テープノフセン」。

セロテープのようなロールタイプで、好きな長さにカットできる。

これなら、目的に合わせて必要な分だけ使えるのでムダがない。

しかも、裏面は全面粘着剤付きなので、ぴったり貼れて剥がれにくいのも魅力。

付箋本来の用途に加え、容器のラベル貼りなどにも利用できる。

画像: 必要な長さを引き出し、カッターで切って利用する。使い勝手は、ほぼセロテープと同じだ。携帯もしやすい。

必要な長さを引き出し、カッターで切って利用する。使い勝手は、ほぼセロテープと同じだ。携帯もしやすい。

メモを貼っておける静電気吸着ボードの小型バージョン

キングジム
ラッケージRK20
3780円

画像: メモを貼っておける静電気吸着ボードの小型バージョン

「ラッケージ」は、メモ、名刺、領収書などの紙類を静電気の力で掲示する吸着ボード。

落ちないようにしっかり掲示できるので、ピンなどで掲示物に穴をあけないで済む。

この「RK20」は、幅10センチのスリムタイプなので、狭いスペースにも設置できる。

画像: 別売の専用取り付けアーム(RK02=1944円)を利用すれば、パソコンモニターの横にも設置可能。

別売の専用取り付けアーム(RK02=1944円)を利用すれば、パソコンモニターの横にも設置可能。

解説/生島 保 (フリーライター)

※価格は標準価格(税込み)です。

This article is a sponsored article by
''.