過熱水蒸気から遠近赤外線、カーボンヒーターまでタイプの違いを見極めよう

昨今、盛り上がりを見せているトースター。

パッと見はどれも似ているが、加熱の方式はさまざまだ。

シャープのヘルシオグリエは、過熱水蒸気による加熱で、外はサクッと、中はモッチモチに仕上げ、ほかでは出せないおいしさが魅力。

このサイズで、本家ヘルシオよろしく同時調理ができるのも特別感がある。

マイコン式のパナソニックは、ボタン一つでトーストできる簡単操作が大好評。遠赤と近赤のW加熱で、トースト時間が2分半とスピーディだ。

バルミューダは、蒸気+ヒーターで、パンの外側をこんがりと焼き上げ、おいしさを閉じ込める。味やデザインは魅力的だが、焼くごとに水を入れる手間がかかる。

タイガーは、蒸気と熱風で外をカリッ、中はしっとりと焼くタイプ。コンベクションオーブンなので、やや価格が高く、広めの設置場所も必要となる。

省スペースで手早く焼くなら、ポップアップトースターという選択肢も。デロンギの新製品は、安価で機能がそろっていて見栄えもよく、買い得モデルだ。

通常のオーブンの8倍の熱量でパンを焼きたての状態に戻す

1位
シャープ
ヘルシオグリエ AX-H2
実売価格例:3万4020円

画像: 通常のオーブンの8倍の熱量でパンを焼きたての状態に戻す

以前から評判のよかったヘルシオのトースト機能を、丸ごと抜き出した一台。

通常のオーブンの約8倍の熱量で、中心まで加熱しながら表面を素早く焼き上げ、パンを焼きたてのようにリベイクすることも可能だ。

冷凍食品やお総菜も、作りたての味を再現できる。

誰でも簡単に操作できるダイヤルで、使いやすさにも配慮した。

発売当初は4万円以上したが、今は3万円台となり、値ごろ感が出てきた。

画像: キッチンのスペース効率を上げるレンジ付きモデル、ヘルシオ グリエレンジ「AX-HR2」(実売価格4万1210円)も登場。

キッチンのスペース効率を上げるレンジ付きモデル、ヘルシオ グリエレンジ「AX-HR2」(実売価格4万1210円)も登場。

1800とおりの制御からベストな焼き加減を自動でチョイス

2位
パナソニック
コンパクトオーブン NB-DT51
実売価格例:1万2690円

画像: 1800とおりの制御からベストな焼き加減を自動でチョイス

間違えようがないくらいの簡単操作で、リピーターが多い人気シリーズの最新機。

パンを焼くときは「トースト」キーをタッチ。

するとセンサーが庫内温度とパンの温度上昇を検知して、1800とおりからベストな焼き方を設定。

湿気ったお菓子を復活させるドライ機能もユニーク。

スチームと細かな温度制御で香り高く焼き上げる

3位
バルミューダ
BALMUDA The Toaster
実売価格例:2万4730円

画像: スチームと細かな温度制御で香り高く焼き上げる

高級トースターブームの火付け役。

スチームと細かな温度制御で、トーストを香り高く焼き上げる。

特に、チーズトーストとお餅がおいしいと好評。

それぞれをおいしく焼くため、クロワッサン、バゲットなどの専用モードも用意されるが、始めは使い分けに戸惑うことがあるかも。

速熱カーボンと遠赤ヒーター、スチームの合わせ技が特徴

4位
タイガー
スチームコンベクションオーブン KAX-X130
実売価格例:2万9760円

画像: 速熱カーボンと遠赤ヒーター、スチームの合わせ技が特徴

速熱カーボン+遠赤ヒーターとスチームの合わせ技で、炭火で焼いたようなサクッとしたトーストに焼き上げる。

ロールキャベツやミートローフも、オートキー一つで調理することが可能。

上位機並みに機能が充実したオシャレなポップアップ機

5位
デロンギ
CTLA2003J
実売価格例:5270円

画像: 上位機並みに機能が充実したオシャレなポップアップ機

低価格でありながら、「冷凍パン」「温め直し」「リフトアップ」、6段階の焼き目調整など、上位機種並みに機能が充実。

デロンギのオシャレ感もあり、インテリア性も高い。

解説/諏訪圭伊子(フリーライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.