圧倒的な強さを見せるパナソニックのDIGA。予算に合わせて最適な一台を選びたい

今やBDレコーダーは、一家に一台が当たり前の時代。

それだけに、中身も相当熟成されてきている。

数年前に比べると、内蔵HDDの容量は大幅にアップしているし、外付けHDDによる容量追加も簡単。

複数のチューナーを搭載した全チャンネル自動録画やスマホ連係機能なども一般的になって、価格もより手ごろになっている。

このように、BDレコーダーの買い替えによって、画期的に便利な視聴環境が得られる可能性が高い。

特に最近では、話題のUHD BD(4K画質のブルーレイディスク)が再生可能な製品が増えている点も見逃せない。

ここ数年、レコーダーで圧倒的な強さを見せているのが、パナソニックのDIGAシリーズ。

UHD BDの再生、全チャンネル録画、予約再生機能の充実度、リモート視聴時の画質、スマホ連係機能など、全方位で抜け目なしといえる存在。

モデル数も多いので、予算に合わせてピッタリの一台が見つかるはずだ。

クラウド機能でスマホと連係し、さまざまなデータを閲覧できる

1位
パナソニック
DMR-UBZ2030
実売価格例:9万3140円

画像: クラウド機能でスマホと連係し、さまざまなデータを閲覧できる

UHD BDの再生に対応し、2Tバイトの大容量HDDおよび3チューナーを内蔵。

DIGA最新の「おうちクラウド」機能が利用でき、自宅にWiーFi環境があれば、撮りためた番組、CDからリッピングした音楽、自身がスマホで撮影してアップした写真や動画データにも、屋内外からスマホを使ってアクセスすることができる。

CDやダウンロード音源のミュージックサーバーにもなる。背面HDMI出力から最大192kヘルツ/24ビットの再生も可能だ。

スマホ時代に重宝する買い得なレコーダーだ。

最大10チャンネルの番組を28日間丸ごと録画し続ける全自動モデル

2位
パナソニック
DMR-UBX7030
実売価格例:15万3000円

画像: 最大10チャンネルの番組を28日間丸ごと録画し続ける全自動モデル

「全自動」録画が特徴で、最大10チャンネルの番組を28日間自動で録画し続けることが可能。

いい替えれば、予約操作が不要なレコーダーだ。

放送後に話題になった番組も、月間番組表をさかのぼればOK。

発売から1年が経過しているので、新型に切り替わる際の型落ちの安値をねらうのも得策。

500Gバイトのベーシック機ながらスマホ連係機能はしっかり備える

3位
パナソニック
DMR-BRT530
実売価格例:4万1970円

画像: 500Gバイトのベーシック機ながらスマホ連係機能はしっかり備える

500GバイトのHDDを内蔵し、3番組の同時録画が可能なベーシックモデル。

実売で5万円台と非常に手ごろながら、最新の「おうちクラウド」機能を備えるなど、スマホ連係は最先端。

テレビの録画視聴だけでなく、スマホをフルに活用している若いファミリー世帯にピッタリの一台だ。

UHD BDの再生に対応したダブルチューナー機

4位
シャープ
BD-UW2200
実売価格例:6万5740円

画像: UHD BDの再生に対応したダブルチューナー機

UHD BDディスクの再生に対応。

最大2倍速まで調整が可能な早見再生や、滑らかで見たいシーンを見つけやすい早送り再生など、シャープ独自の便利機能にも注目したい。

キーワードによる自動録画が便利なシンプル機

5位
ソニー
BDZ-ZW550
実売価格例:4万1310円

画像: キーワードによる自動録画が便利なシンプル機

シンプルかつ高品位なスタンダードモデル。

2番組同時録画が可能で、キーワードによる自動録画機能も実用的。

予算を抑えての買い替え、新生活の単身世帯用などとしておすすめ。

解説/鴻池賢三(AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.