蒸し暑い梅雨や夏を目前に控え、扇風機を引っ張り出している家庭も多いことだろう。実は、扇風機は、2010年ごろから大きく様変わりをしていて、安全性はもとより、機能もかなり進化している。今回は、そんな扇風機の最新事情を注目機種の紹介とともにお伝えしよう。

扇風機のトレンド
細かい風量調節、優しい風、上下の首振りなどに注目

2010年、扇風機に革新的なモデルが登場した。

バルミューダのThe GreenFanだ。

それまでの常識だったACモーターではなく、DCモーターを搭載したのが最大の特徴で、そのぶん価格も高かったが、DCモーターのメリットが知られるにつれて人気が高まり、以来、上級扇風機のトレンド機能として各社に波及し、定着している。

DCモーターは、とても細かく風量を調節できるのがメリットだ。強すぎず弱すぎず、ちょうどいい風を選べるから気持ちいい。

通常、6〜8段階、機種によっては無段階に切り替えられる。ACモーターより動作音が静かで省エネなのも利点だ。

また、近年は、風の質にも変化が生まれている。

直線的にぶつかってくる風だと不快なので、滑らかに広がる優しい風になるように、羽根の枚数を増やしてムラを少なくしたり、羽根を流線形にして空気抵抗を減らしたりしている。

カモメや蝶など、自然界の羽をヒントに形状を工夫しているモデルもある。

そして、エアコン使用時に、扇風機をサーキュレーターとして使うケースも増えている。

夏は足元の冷気を、冬は上方に集まる暖気を、扇風機の風で散らして部屋全体を均一な温度にするもので、このとき注目されるのが上下の首振り機能だ。

もちろん、左右の首振りでもサーキュレーターとして使えるが、上下の首振りが加わることで、部屋の空気をより効率よく攪拌できるので、エアコンの省エネ運転にもつながる。

最新トレンドとして見逃せない機能といえる。

最新扇風機 六つのトレンド

①羽根の枚数や形状の工夫

羽根の枚数が多いほど風のムラが少なくなり、優しい風になる。上級モデルは7〜9枚が主流だ。流線形デザイン、蝶の羽根の応用、二重構造など形状も工夫され、滑らかで心地いい風を生み出す。

画像: シャープ

シャープ

画像: バルミューダ

バルミューダ

②DCモーターの採用

きめ細かく風量を調節でき、強すぎず弱すぎず、ちょうどいい風を選べる。動作音が静かなので、睡眠時にも使いやすい。

③上下左右の立体的な首振り

左右の首振りに加えて、上下にも首を振る製品が登場。より効率よく部屋の空気を攪拌できるので、エアコン使用時にサーキュレーターとして併用したいとき、便利さを実感する。

④室温センサーで見張り

温度センサーで室温を感知し、室温が下がると弱めに、室温が上がると強めに、風量を自動で切り替える。温度と湿度の両方を見張ったり、調節の度合いを選べるモデルもある。

画像: 東芝

東芝

⑤快眠向け「おやすみモード」

段階的に風量を下げていき、数時間後に自動的に電源がオフになる。表示パネルの明るさを下げる「減灯」や、自動で電源が切れる「切タイマー」は、通常、個別にも操作できる。

画像: 日立

日立

⑥イオン・消臭機能の搭載

シャープの「プラズマクラスター」、パナソニックの「ナノイー」が著名。ソファー、クッション、部屋干しの衣類などに直に風を当てると、微細なイオンが繊維の奥まで入り込んで消臭する。

画像: (左)パナソニック (右)シャープ

(左)パナソニック (右)シャープ

注目モデルの特徴
羽根の形状や枚数には各社が独自のこだわりを持つ

バルミューダ・The GreenFanは、DCモーター採用の先駆けとして有名だが、速度の異なる風を同時に送り出す二重構造の羽根にも特徴がある。

内側の遅い風が外側の速い風を引き込み、やがて一点でぶつかって面状に広がるので、まるで自然界の風に優しく包み込まれるような気持ちよさがある。

首振り角度を自由に設定でき、ポールを外せば卓上型にできる。

バルミューダ
The GreenFan EGF-1600
実売価格例:3万8880円

画像: サイズ:幅330㎜×高さ871(卓上時497)㎜×奥行き320㎜/重量:4.1kg

サイズ:幅330㎜×高さ871(卓上時497)㎜×奥行き320㎜/重量:4.1kg

画像1: リモコン

リモコン

画像1: 操作部

操作部

シャープ・PJ-H3DGは、蝶の羽を応用した形状がユニークだ。

7枚羽根の一枚一枚にくびれと突起を持たせ、これが回転すると三重の軌跡を生み、都合21枚羽根相当の風を送り出す。風がとても滑らかで心地いい。

●シャープ
PJ-H3DG
実売価格例:2万4180円

画像: サイズ:幅370㎜×高さ820〜1110㎜×奥行き370㎜/重量:5.8kg

サイズ:幅370㎜×高さ820〜1110㎜×奥行き370㎜/重量:5.8kg

画像2: リモコン

リモコン

画像: 滑らかな風が心地いい。微風から強風までワンタッチで無段階(厳密には33段階)に選べる。「みはり」機能も備える操作部。

滑らかな風が心地いい。微風から強風までワンタッチで無段階(厳密には33段階)に選べる。「みはり」機能も備える操作部。

羽根の形状では、ドウシシャ・カモメファンも注目だ。

渡り鳥であるカモメの羽をヒントに、肌当たりのいい風が効率よく遠くまで届くように工夫されている。

3年前から羽根に柔らかい素材が採用され、風量や静音性がアップしたのも特徴。

フレキシブルアーム採用の最新モデルでは、好みの向きや高さに首振りを調節できて快適だ。

●ドウシシャ
カモメファン TLKF-1232D
実売価格例:2万6870円

画像: サイズ:幅305㎜×高さ800〜900㎜×奥行き260㎜/重量:4.4kg

サイズ:幅305㎜×高さ800〜900㎜×奥行き260㎜/重量:4.4kg

画像3: リモコン

リモコン

画像2: 操作部

操作部

東芝のF-DLW75は、9枚羽根が特徴で、きめ細かくて滑らかな風を実現。

羽根の枚数を9枚にしたことで、ムラの少ない自然に近い風を生み出す。

温度センサーによる自動風量コントロールは2モード装備。

高原に吹く風をデータ化したという「ランダム風」やそよ風のような「ふわり風」も良好。

東芝
F-DLW75
実売価格例:2万510円

画像: サイズ:幅352㎜×高さ815〜1092㎜×奥行き350㎜/重量:3.7kg

サイズ:幅352㎜×高さ815〜1092㎜×奥行き350㎜/重量:3.7kg

画像4: リモコン

リモコン

画像3: 操作部

操作部

日立のHEF-DC6000も羽根が8枚と多く、風の切れ目の少ない、優しい風を実現している。

温度センサーは2モード、リズム運転も2モードから選べる。「うちわ風」や「やわらかリズム運転」も心地いい。

組み立て不要で、箱から出してすぐ使えるのも快適だ。

日立
HEF-DC6000
実売価格例:2万9780円

画像: サイズ:幅371㎜×高さ810〜1100㎜×奥行き360㎜/重量:5.2kg

サイズ:幅371㎜×高さ810〜1100㎜×奥行き360㎜/重量:5.2kg

画像5: リモコン

リモコン

画像4: 操作部

操作部

パナソニックのF-CR339は、立体首振り、温度センサー、おやすみモード、ナノイーなど、便利機能を満載している。

流線形のデザインにして空気抵抗を減らし、バランスの取れた滑らかな風を生み出す。

上下左右の立体首振りが部屋の空気をかき回し、室温のムラを抑える。「1/fゆらぎ」は、高原の風のような心地よさ。

パナソニック
F-CR339
実売価格例:2万9520円

画像: サイズ:幅370㎜×高さ905〜1100㎜×奥行き370㎜/重量:6kg

サイズ:幅370㎜×高さ905〜1100㎜×奥行き370㎜/重量:6kg

画像6: リモコン

リモコン

画像5: 操作部

操作部

以上は、どれもリビング向きだが、ほかに、個性的なモデルも登場している。

例えば、パナソニック・創風機Qは、羽根のない扇風機。背後の吸気口から空気を吸い込み、高圧化した空気を前面から勢いよく吹き出す。

このとき、周辺の空気を巻き込みながら加速するので、パワフルで直線的な風が生み出される。

パナソニック
創風機 Q F-BP25T
実売価格例:3万5140円

画像: 羽根がないのに直線的でパワフルな風を送り出す誘引気流構造。最大360度に回転し、ブルー/オレンジのLEDライトで部屋を演出する。

羽根がないのに直線的でパワフルな風を送り出す誘引気流構造。最大360度に回転し、ブルー/オレンジのLEDライトで部屋を演出する。

ドウシシャ・FLT-254Dは、厚さ7センチに折り畳める扇風機。

家具のすき間などに収納できるので、出し入れが軽快。

ドウシシャ
FLT-254D
実売価格例:1万1810円

画像: 注目モデルの特徴 羽根の形状や枚数には各社が独自のこだわりを持つ
画像: 折り畳むと厚さ7センチなので、家具のすき間などに収納可能。脚を開くと、縦向きにも横向きにも置けて、首振りやリズム風も可能。

折り畳むと厚さ7センチなので、家具のすき間などに収納可能。脚を開くと、縦向きにも横向きにも置けて、首振りやリズム風も可能。

シャープ・PJ-H2DBGは、コードレスでも使えるのが特徴。小型・軽量で持ち運びしやすく、コンセントのない場所で使えるのが便利だ。

3D首振り、温度・湿度の見張り、プラズマクラスターなど機能も充実している。

シャープ
PJ-H2DBG
実売価格例:3万1460円

画像: コンセントのない場所で使えるコードレスモードを標準装備。

コンセントのない場所で使えるコードレスモードを標準装備。

買い替え時の注意点
経年劣化には要注意。購入時には必要機能を見極めたい

過去5年間に100件以上と、近年、扇風機を原因とする火災事故が頻発しているという。

古い製品でも、問題なく動作しているから大丈夫だと考えがちだが、長く使っている間にモーターやコンデンサーなどの部品が経年劣化してくる。

異音や異臭がしないか、コードが劣化していないかなど、よく確かめてみよう。

2009年以降に登場した製品には「標準使用期間」を記したラベルが貼られているので、これを一つの目安にするといい。

この期間を過ぎたら、不具合が起きていないかを必ずチェック。もし異常に気づいたら、メーカーに相談したり、買い替えを検討したりしよう。

買い替える場合は、やはりDCモーター搭載モデルがおすすめ。

風が柔らかく、音は静かだし、サーキュレーターとしても使いやすい。

ただし、どれも比較的高価なので、室温センサーやイオン・消臭機能、上下の首振り機能といった付加機能など、必要な装備をしっかり見極めよう。

「標準使用期間」が記されている

画像: 扇風機の本体には、「標準使用期間」が書かれたラベルが貼ってある。長期間使っていると劣化による事故も起こりうる。必ずチェックしよう。

扇風機の本体には、「標準使用期間」が書かれたラベルが貼ってある。長期間使っていると劣化による事故も起こりうる。必ずチェックしよう。

まとめ

エコや健康の観点から、再び注目されている扇風機。

DCモーター採用のモデルなら、風は驚くほど柔らかいし、音も静か。

涼風を得るだけでなく、冬もサーキュレーターとして使えるので、とても魅力的なアイテムだ。

もし、長年使い続けている古い扇風機があるなら、モーターやコンデンサーなどの経年劣化により、異常発熱や火災事故の原因になるおそれもあるので、早めに買い替えたい。

監修/中村 剛(「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権優勝)
◆Profile/「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権で優勝の実績を持つ家電の達人。家電製品総合アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京電力「くらしのラボ」所長。現在、暮らしに役立つ情報を動画(Facebook)で配信中。→「くらしのラボ」はこちら

取材・執筆/市川政樹(テクニカルライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.