❶プロが対局した棋譜の投了図を途中から引き継いでプレー

将棋アプリ 将皇
iPhone/Android
開発/Ken1

画像: ❶プロが対局した棋譜の投了図を途中から引き継いでプレー

日本将棋連盟後援の本格派将棋アプリで、コンピューター対戦モードでは最大6段階の強さを選べるなど歯ごたえたっぷり。

ほかにも二つの対局モードを備えており、「実践詰将棋」では毎日出題される難題にチャレンジ可能。

一方、「勝ち切れ将棋」は、プロどうしで対局した棋譜の投了図を途中から引き継いでプレーするという熱戦間違いなしの内容となっている。

さらに、一台のスマホを自分と相手で交互に操作することで対人戦を楽しめるモードもある。

画像: どのモードも歯ごたえ十分で将棋の実力アップにも最適。

どのモードも歯ごたえ十分で将棋の実力アップにも最適。

画像: 対人対戦モードはスタート画面の「設定」から起動可能。

対人対戦モードはスタート画面の「設定」から起動可能。

❷リズムゲーム感覚でさまざまな楽曲のピアノ演奏を楽しめる

ピアノ Yokee Piano
iPhone
開発/Yokee Music

画像: ❷リズムゲーム感覚でさまざまな楽曲のピアノ演奏を楽しめる

リズムゲーム感覚でピアノの演奏を楽しめるミュージックアプリ。

ガイドに従ってピアノの鍵盤を弾くだけで、さまざまな曲の演奏を行える。

クラッシックや童謡などバラエティに富んだ楽曲を用意するほか、演奏終了後に獲得できるコインを使って、人気曲を追加することも可能だ。

また、ピアノを自由に演奏できる「無料プレイ」モードも搭載。

メトロノームでリズムを取りながら鍵盤を弾けるほか、演奏中の曲をスマホに録音することも可能だ。

画像: 画面の指示に従って鍵盤をタップするだけで演奏できる。

画面の指示に従って鍵盤をタップするだけで演奏できる。

画像: コインをためれば、有名な人気曲も追加することが可能だ。

コインをためれば、有名な人気曲も追加することが可能だ。

❸全国1500以上の美術館や博物館のアートチラシを鑑賞

チラシミュージアム
iPhone/Android
開発/イープラス

画像1: ❸全国1500以上の美術館や博物館のアートチラシを鑑賞

美術館や博物館などのチラシは目をみはるデザインで楽しませてくれるが、なかなか入手しにくいのが難点。

そんなアートチラシをスマホで見られるのが、この「チラシミュージアム」だ。

全国1500以上の美術館などのチラシを網羅するほか、好みのチラシを集めて自分だけのチラシ一覧を作成することもできる。

画像2: ❸全国1500以上の美術館や博物館のアートチラシを鑑賞

❹世界中の絵画や建築物、遺跡などを緻密な写真で閲覧

Google Arts&Culture
iPhone/Android
開発/Google

画像1: ❹世界中の絵画や建築物、遺跡などを緻密な写真で閲覧

世界70ヵ国にわたる1200以上の美術館や博物館などの所蔵品を閲覧できるアプリ。

絵画や建築物、遺跡などを緻密な高解像度写真で掲載しており、ピンチイン・ピンチアウト操作を駆使して、隅々まで閲覧することができる。

現在地付近の美術館や博物館などを調べて、所蔵品のラインアップをチェックすることも可能だ。

画像2: ❹世界中の絵画や建築物、遺跡などを緻密な写真で閲覧

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

※アプリの画面や仕様は変更になる場合があります。

This article is a sponsored article by
''.