上下左右の全周囲を一台のカメラでとらえられるドラレコ

デジカメで全天球カメラが注目されているが、ドラレコにも同様の機能を持つモデルが登場している。

その最新モデルが、ユピテルのmarumie(マルミエ) Q-02cだ。

ユピテル
marumie(マルミエ) Q-02c
実売価格例:6万4800円

画像1: 上下左右の全周囲を一台のカメラでとらえられるドラレコ

360度カメラの機能を生かすには、取り付け場所を選ぶ必要がある。周囲が開放された場所に取り付けるのが原則だ。

画像2: 上下左右の全周囲を一台のカメラでとらえられるドラレコ

価格的には、ちょっと手を出しにくい面もあるが、使ってみると、そのおもしろさや実用性の高さは魅力的だ。

最大のポイントは、カメラの周囲360度を常に記録し続けること。

前後左右の映像をすべて記録し、再生時に見たい方角の映像を自在に見ることができる。

本機は2代目となって、センサーの夜間撮影能力が飛躍的にアップ。360度映像から一部を切り出しても、十分な画質が確保できるようになった。

ただ、再生は専用ビューワーでないと不可。

全天球ならではの特徴を踏まえて選びたい。

解説/会田 肇(自動車評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.