「トースター」といえば、食パンを焼くもの、と考えるのが普通だが、今のトースターはまったく単機能ではない。さまざまなパンをアレンジ調理できたりするほか、目玉焼きが作れたり、しけった食材を復活させたりと、実にユニークなモデルが多い。ここでは、最新の人気モデルを試したみよう。

過熱水蒸気を使って、トーストも同時調理もこなす

シャープ
AX-H2
実売価格例:2万6840円

画像1: シャープ AX-H2 実売価格例:2万6840円

ヘルシオで人気のトースト機能を独立させた製品。

過熱水蒸気を使い、通常のオーブンの約8倍の熱量で表面を素早く焼き上げながら、中までしっかり加熱する。冷凍食品やお惣菜の温めも、作りたてのようにおいしく再現。余分な油を落としてくれてヘルシーだ。

画像: 目玉焼きや焼き野菜などがトーストと同時に調理できる。水分が飛んで焦げやすい野菜も、しっとり甘くて美味。

目玉焼きや焼き野菜などがトーストと同時に調理できる。水分が飛んで焦げやすい野菜も、しっとり甘くて美味。

画像2: シャープ AX-H2 実売価格例:2万6840円
画像: 外側はサクッ、中はしっとりモチモチに。ヘルシオでは10分以上かかるトーストが3分でOK。

外側はサクッ、中はしっとりモチモチに。ヘルシオでは10分以上かかるトーストが3分でOK。

食パンは絶妙な焼き上がり。アレンジも多彩に可能

バルミューダ
BALMUDA The Toaster
実売価格例:2万4730円

画像: バルミューダ BALMUDA The Toaster 実売価格例:2万4730円

発売から3年、いまだ人気をキープするトースター。

使用時に5㏄の水を使い、庫内に水蒸気を発生させ、水の膜でパンの表面をコーティング。内側に水分を閉じ込めながら、表面はサクッと焼き上げる。種類が違うパンでも、精度の高い温度制御で最適なおいしさになる。

画像: 表面は香ばしく、中はもっちりフンワリという絶妙の焼き上がり。最後に一気に焼き色をつけるのは心憎い演出。

表面は香ばしく、中はもっちりフンワリという絶妙の焼き上がり。最後に一気に焼き色をつけるのは心憎い演出。

画像: 手軽でおいしいバゲットのオープンサンド。サイトには、作ってみたくなるレシピが満載。

手軽でおいしいバゲットのオープンサンド。サイトには、作ってみたくなるレシピが満載。

便利機能が充実したポップアップ式

デロンギ
TCX752J
実売価格例:1万2810円

画像1: デロンギ TCX752J 実売価格例:1万2810円

置き場所を取らず、スマートなポップアップ式。

シンプル構造ながら、「冷凍パン」や「温め直し」「リフトアップ」など、トーストに便利な機能が充実。片面焼きもできるので、ベーグルやマフィンにも使える。

画像2: デロンギ TCX752J 実売価格例:1万2810円

しけったお菓子もパリッパリに復活!

パナソニック
NB-DT51
実売価格例:1万900円

画像1: パナソニック NB-DT51 実売価格例:1万900円

パンを入れて「トースト」キーを押すだけと、超簡単操作。センサーが庫内とパンの温度を検知し、1800とおりからベストな焼き方を選んでくれる。

評判のドライ機能では、しけったお菓子がパリッパリのおいしさに復活する。

画像2: パナソニック NB-DT51 実売価格例:1万900円

解説/諏訪圭伊子(フリーライター) 

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.