暑い夏は、やっぱり冷たいデザートや飲み物が恋しくなる。これまでは、お店に行かないと味わえなかったデザートや飲み物が、家庭で気軽に作れるようになっているのがトピックだ。そんな便利で楽しい、夏向けの調理家電をご紹介しよう。

ヒーター機能を搭載した家庭用かき氷器

ドウシシャ
電動わた雪かき氷器 DSHH-18
実売価格例:1万580円

業界初、ヒーター機能を搭載した家庭用かき氷器。氷の表面を温めるのは、かき氷を削るのに理想的な温度を再現するため。カンナで削ったような繊細な仕上がりとなり、口当たりの軽いかき氷を作ることができる。

ヒーターを発熱させるため「電源を入れる→スパイクを戻す」を5回繰り返す。この手間が、軽い食感を生み出す秘密。

全体的にふわっとした口当たり。つぶつぶ感もあり、いろいろな食感が楽しめる。

氷を入れたサーバーに直接ドリップ!

サーモス
ECI-660
実売価格例:6980円

アイスコーヒーに特化した専用メーカー。コーヒー粉と水を入れると、マイコンがアイスコーヒーに最適な蒸らし時間を制御。氷を入れたサーバーに直接ドリップして急冷することで、香り高く透明感のある仕上がりになる。

画像: 長めの時間でじっくり抽出するので、香りが強く味わい深い。サーバーは二重構造で、冷たさを長時間キープできる。

長めの時間でじっくり抽出するので、香りが強く味わい深い。サーバーは二重構造で、冷たさを長時間キープできる。

ミニサイズが登場した炭酸水メーカー

ソーダストリーム
SodaStream mini
予想実売価格:1万2960円(9月発売予定)

水を入れたボトルにガスを注入し、手軽に炭酸水が作れる「SodaStream」に、ミニサイズが登場。本体の高さが7センチ低くなり、設置や持ち運びが楽になった。電源不要なので、屋外でも使用可能。アウトドアにも重宝だ。

本体にボトルをセットしてボタンを押すだけ。微炭酸から強炭酸まで、さまざまな炭酸水が自分で簡単に作れる。カラーは、レッドとホワイトの2色。高さ360㎜/専用ボトル500ml/ガスシリンダー25L用。

作ってそのまま飲めるブレンダーの新型

ビタントニオ
マイボトルブレンダー(ミル付き) VBL-500
実売価格例:7430円

画像: ビタントニオ マイボトルブレンダー(ミル付き) VBL-500 実売価格例:7430円

作ってそのまま飲める便利ボトルで、シリーズ累計110万台を突破した大ヒット商品。新モデルでは、40秒間の自動運転モードや、撹拌力をより高めるノコギリ状ブレードを新搭載し、さらに使いやすくなった。

画像: 氷が砕けるので冷たいスムージーやシェイクも。ブレードを外せばそのまま飲め、ふたをすれば持ち歩きもOK。

氷が砕けるので冷たいスムージーやシェイクも。ブレードを外せばそのまま飲め、ふたをすれば持ち歩きもOK。

出来たてのソフトクリームが味わえる!

ドウシシャ
電動ソフトクリームメーカー DSC-18BL
実売価格例:6450円

冷凍室で冷やした蓄冷容器に材料を入れ、スイッチを入れて攪拌。15分ほどで、ちょうどいい軟らかさに冷えたソフトクリームが出来上がる。材料をそろえる時間がないときは、市販のアイスを溶かして使うという裏技も。

画像: 材料を作るには、ゼラチンの温度管理などが必要。手間がかかるが、うまく作れたときはおいしさもひとしお。

材料を作るには、ゼラチンの温度管理などが必要。手間がかかるが、うまく作れたときはおいしさもひとしお。

画像: トロリとした軟らかさは、まさに作りたてのソフトクリーム!

トロリとした軟らかさは、まさに作りたてのソフトクリーム!

解説/諏訪圭伊子(フリーライター) 

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.