従来は、デジイチ(デジタル一眼カメラ)で撮った写真は、パソコンのハードディスクに保存するのが王道の方法だった。しかし、インターネットの時代となり、多彩な表示デバイスが登場した現在、写真の活用の幅は大きく広がっている。スマホで見たい、テレビに映したい……。そんな要望にこたえるワザをご紹介しよう。

スマホの場合はアプリで、テレビにはネット接続機器経由で転送

デジイチで撮った写真を、スマホやテレビで見たい場合、まず前提として、ネットワークにつながったメディアに保存することが必要だ。具体的には、NAS(ネットワーク対応のハードディスク)やクラウドストレージサービスなどである。

これらのメディアに保存しておくと、例えばNASの場合は、専用のスマホアプリを使うことで、Wi-Fi経由でスマホの画面に写真を表示することができる。

NAS製品指定のアプリを使えば、NASに保存した写真に自由にアクセス可能。サムネールで写真を選んで表示し、ダウンロードもできる。

また、クラウドストレージに保存した場合も、専用アプリを使って写真を見ることが可能だ。代表的なサービスである「Googleフォト」も「Amazonプライムフォト」も、スマホ用のアプリが用意されている。

では、テレビで見たい場合はどうするか?

この場合は、ネット接続型のメディアプレーヤー機器があれば、テレビで写真を閲覧することも可能だ。

GoogleのChromecast、AmazonのFireTV、アップルのAppleTVなどが代表的な機器で、ChromecastはGoogleフォト、FireTVはAmazonプライムフォト、AppleTVはiCloudに対応している。これにより、それぞれのクラウドストレージ内にある写真を、テレビの大画面で楽しむことができるわけだ。

画像: Fire TV(右上の写真)をHDMIケーブルでテレビに接続すれば、「Amazonプライムフォト」に保存した写真をテレビで閲覧できる。なお、同サービスはRAWファイルも保存できるが、スマホやテレビでは表示不可。

Fire TV(右上の写真)をHDMIケーブルでテレビに接続すれば、「Amazonプライムフォト」に保存した写真をテレビで閲覧できる。なお、同サービスはRAWファイルも保存できるが、スマホやテレビでは表示不可。

解説/福多利夫 (フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.