定額制の音楽配信は、原則としてどのサービスもAACなどで圧縮された音源が使われている。当然、音質はCDに比べ、落ちてしまう。だが、そこに登場したのがロスレス配信を売りにした「Deezer HiFi」(ディーザー ハイファイ)である。
画像: https://www.deezer.com/ja/offers/hifi

https://www.deezer.com/ja/offers/hifi

「Deezer HiFi」は、ロスレスのFLAC方式を採用し、その音質は、CDと同等の44.1kヘルツ/16ビットである。音質劣化がないのがポイントで、月額1960円で聴き放題の音楽配信サービスだ。

利用方法は、「Deezer HiFi」のウエブサイトにアクセスし、メールアドレスやクレジットカード情報を入力して登録するだけ。注意が必要なのは、再生する機器や環境によって音質が変わり、ロスレスで再生される場合と、音質が落ちるMP3再生になる場合があることだ。

具体的には、ヤマハのMusicCastに対応したアンプや、オンキヨーやパイオニアの対応ポータブルプレーヤーといったオーディオ機器、パソコンの「Deezer」アプリではロスレスで聴けるが、スマートフォンの「Deezer」アプリや、パソコンでもウエブブラウザー上での再生はMP3となる。

最初の1ヵ月は無料で試用できるので、配信曲や使い勝手を確認してみよう。

●パソコンでロスレスで聴くには、ブラウザーではなくアプリを使う

画像: ウエブブラウザーから手軽に聴くこともできるが、パソコンでロスレス再生するには専用アプリのインストールが必要。

ウエブブラウザーから手軽に聴くこともできるが、パソコンでロスレス再生するには専用アプリのインストールが必要。

●スマートフォンではMP3音質になる

スマホ用アプリも用意されているが、320kbpsのMP3での再生となる。3600万曲がオフライン再生可能。

解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.