音楽メディアの小型化は止まらない。再生機器も当然、小型化の一途をたどっており、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)は、ポケットサイズで数千曲の音楽が収録でき、レコードやCDとは桁違いの利便性を実現している。中でも特に注目したいのが、ハイレゾ対応DAPの超小型化だ。

ハイレゾ対応の高音質DAPが超小型化

レコードからCD、メモリーへと、音楽メディアの小型化は止まらない。再生機器も当然、小型化の一途をたどっており、デジタルオーディオプレーヤー(DAP)は、ポケットサイズで数千曲の音楽が収録でき、レコードやCDとは桁違いの利便性を実現している。スマホもしかりだ。

そうした流れの中でも、特に注目したいのが、ハイレゾ対応DAPの超小型化。ハイレゾ音源はCD品質の音源に比べてデータ量が大きく、高音質化のためもあって、オーディオ回路や筐体などもサイズアップする傾向があった。ハイレゾ非対応のiPod nanoなどに比べると、その傾向は明らかだ。

そうした不満点を解消してくれるのが、SHANLINGのM0だ。指先でつまめるほどのコンパクトサイズながら、筐体はしっかりした金属削り出しで、スマートウオッチのよう。音質も、正統派の高音質で文句なし。ブルートゥースは、ハイレゾ相当の音質で伝送できるLDACに対応し、送信だけでなく受信も可能。スマホとペアリングして、本機にワイヤード(有線)イヤホンを接続すれば、小型のブルートゥースレシーバーとしても利用できる。これだけの高音質、高品位、多機能なのに1万5000円程度とお手ごろなのも大きな魅力だ。

■タッチパネル搭載の超小型DAP

SHANLING
M0
実売価格例:1万5800円

画像: SHANLING M0 実売価格例:1万5800円
画像: 手のひらサイズの超コンパクトボディ!

手のひらサイズの超コンパクトボディ!

■M0の主な機能

ブルートゥース接続はLDAC対応(aptX HDには非対応)で、ワイヤレスイヤホンと組み合わせれば高音質で聴ける。ブルートゥースレシーバー、USB DACとしても利用可能。

ハイレゾ再生
microSDに保存した曲をヘッドホン(有線)で再生できる。

ワイヤレス送信
保存した曲をブルートゥースイヤホンやスピーカーで再生可能。

USB DAC
パソコンとUSBケーブルでつなぎ、USB DACとして使える。

ワイヤレス受信
有線のヘッドホンをつないでワイヤレス的に使うことができる。

ブルートゥースレシーバーなら、LDACとaptX HDの両方に対応したEarStudio ES100も超小型。USB DACなどに対応した多機能モデルだ。

■高音質な小型ブルートゥースレシーバー

LDACとaptX HDと両対応のブルートゥースレシーバー。手持ちのイヤホンやヘッドホンをワイヤレス化できる。スマホよりもかなり小型だが、バランス出力も搭載する。

RADSONE
EarStudio ES100
実売価格例:1万6480円

画像1: RADSONE EarStudio ES100 実売価格例:1万6480円

ES100の主な機能
ワイヤレス受信、ワイヤレス送信、USB DAC、ハンズフリー通話

画像2: RADSONE EarStudio ES100 実売価格例:1万6480円

さらに、据え置き型コンポにも超小型化の波が生まれた。ブルートゥース、USBメモリー、パソコン、テレビからのデジタル入力に特化し、CDプレーヤーを除くことで超小型化に注力。音源の変遷を反映した最新スタイルといえる。

■CDジャケットサイズの超コンパクトオーディオ

スマホ時代にふさわしく、サイズも機能性も最適化した超コンパクトオーディオ。ワイヤレスでもハイレゾ相当に高音質化する。

ケンウッド
KA-NA9
実売価格例:5万5000円

画像: ケンウッド KA-NA9 実売価格例:5万5000円

ケンウッド
LS-NA9
実売価格例:4万円

画像: ケンウッド LS-NA9 実売価格例:4万円

解説/鴻池賢三(AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.