オーディオは一家に一台から一人一台の時代となった。ワイヤレスで利便性が向上し、さまざまなニーズやライフスタイルに合った製品が登場している。その代表的な存在がワイヤレススピーカーだ。ブルートゥーススピーカーと同等のコンパクトサイズで、ハイレゾも高品位に再生できる。またインテリアにマッチするヤマハ「MusicCast 50」にも注目だ。

スピーカーはWi-Fi接続でより高音質に進化

一昔前は、オーディオは一家に一台で、お茶の間にステレオシステムが構えていた。近年は、スマホの普及とともに、ライフスタイルがパーソナル化。オーディオも、バッテリー内蔵で持ち運びできるブルートゥーススピーカーが主流になった。ミニコンポやラジカセよりも手軽で、一人に一台の時代となっているが、音質には限界があるのも事実。

そこで、注目なのがWi-Fiだ。ブルートゥースよりも大容量のデータを伝送できるので、ハイレゾ音源の再生も余裕でこなせる。さらに、「Spotify」をはじめ、ストリーミング配信サービスへの直接アクセスも可能になり、好みの音楽をずっと流し続けることもできる。

当然、各社とも、Wi-Fiを利用した機能を発展させ、同じ音楽を複数のスピーカーで鳴らすマルチルーム配信や、各スピーカーに指定の音楽を再生させる機能などを実現している。中でも注目は、ヤマハの「MusicCast」。マルチルーム配信はもちろん、同社のMusicCast50など、対応ワイヤレススピーカーをホームシアターシステムのリアスピーカーとして指定することもできるので、サラウンド体験の向上にもつながる。ただし、連係機能を利用するには、原則として同一メーカーでそろえなければならない点には注意したい。

■ハイレゾもバッチリ再生できる!

DSDにもしっかり対応
ソニー
SRS-HG10
実売価格例:2万3120円

画像: ブルートゥーススピーカーと同等のコンパクトサイズで、ハイレゾも高品位に再生できる。これならミニコンポは不要と思える、上質なサウンドが特徴。 ●実用最大出力/12W+12W●PCM/192kHz/24bit●DSD/5.6MHz(PCM変換)

ブルートゥーススピーカーと同等のコンパクトサイズで、ハイレゾも高品位に再生できる。これならミニコンポは不要と思える、上質なサウンドが特徴。
●実用最大出力/12W+12W●PCM/192kHz/24bit●DSD/5.6MHz(PCM変換)

インテリアにマッチする
ヤマハ
MusicCast 50
実売価格例:6万4800円

画像: 据え置きを想定したワンボックスタイプ。Wi-Fi接続環境を整えれば、2台でのステレオ化や、ホームシアターのリアスピーカーとしても利用できる。 ●実用最大出力/35W+35W●PCM/192kHz/24bit●DSD/非対応

据え置きを想定したワンボックスタイプ。Wi-Fi接続環境を整えれば、2台でのステレオ化や、ホームシアターのリアスピーカーとしても利用できる。
●実用最大出力/35W+35W●PCM/192kHz/24bit●DSD/非対応

■メーカー専用のアプリで操作

ヤマハ
MusicCast CONTROLLER
iOS、Android対応/無料

各スピーカーから鳴らす音楽を指定したり、ネットワーク再生、ストリーミング再生の楽曲を選択したりできる。

解説/鴻池賢三(AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.