スマホ世代のオーディオといえば、それはもうミニコンポではなく、ブルートゥーススピーカー。小型軽量でバッテリーを内蔵し、自由に持ち運んで利用できるのは、スマホと好相性。スマホ本体のスピーカーで聴くより大音量で、低域もズンズン響き、実用十分といえる。そのオススメ注目モデルは?

ブルートゥースはバッテリー内蔵&防水・防塵で出先でも風呂でもOK!

スマホ世代のオーディオといえば、それはもうミニコンポではなく、ブルートゥーススピーカー。小型軽量でバッテリーを内蔵し、自由に持ち運んで利用できるのは、スマホと好相性。スマホ本体のスピーカーで聴くより大音量で、低域もズンズン響き、実用十分といえる。

特に近年は、防水機能の強化が目立つ。IPX7相当の製品も多く、これは、水深1メートルに30分間沈めても内部に水が浸入しないレベル。水中で利用することはないが、例えばバスルームで誤って湯船に落としても問題がないので、入浴中も安心して音楽が楽しめる。また、防水性能の高い製品は防塵にも配慮されているケースが多く、海水浴やキャンプなどアウトドアでも音楽が楽しめる。塩水や砂にまみれても、水道でささっと洗い流せばよく、気楽に使えるのは何より。機種によっては、スピーカーからスマホに充電できる機能も付いており、いつも音楽に触れていたいユーザーにピッタリの製品に進化している。

中でも注目は、ソニーのSRS-XB21。IP67(IPX7相当の防水、IP6X相当の防塵)の高い防水・防塵仕様。デザインも従来のオーディオ的な雰囲気からアウトドアグッズのようなファブリック地で覆われたテイストに方向転換した。

■耐久性抜群でどこにでも持ち運べる
ソニー
SRS-XB21
実売価格例:1万3140円

画像: IP67の高度な防水・防塵仕様で、風呂や浜辺でも安心して利用できる。ファブリック地で覆われた本体は耐久性にも優れ、アウトドアグッズのよう。本体はブルーなど5色展開。

IP67の高度な防水・防塵仕様で、風呂や浜辺でも安心して利用できる。ファブリック地で覆われた本体は耐久性にも優れ、アウトドアグッズのよう。本体はブルーなど5色展開。

画像: ■耐久性抜群でどこにでも持ち運べる ソニー SRS-XB21 実売価格例:1万3140円

また、アウトドアスタイルの定番、JBLのFLIPシリーズ最新の4は、IPX7の防水に加え、「JBLコネクトプラス」機能により、同時に100台以上も数珠つなぎにして鳴らすことができたり、2台をセット利用することでステレオ化できたりする。見かけからは想像できないパワフルなサウンドも魅力だ。

■アウトドアデザインの定番モデル
JBL
FLIP4
実売価格例:1万1750円

画像: アウトドアを意識したデザインと防水性能で人気のFLIPシリーズ4代目。パッシブラジエーターによる深みのある低音とパワフルなサウンドが魅力。100台以上の接続にも対応。

アウトドアを意識したデザインと防水性能で人気のFLIPシリーズ4代目。パッシブラジエーターによる深みのある低音とパワフルなサウンドが魅力。100台以上の接続にも対応。

画像: ■アウトドアデザインの定番モデル JBL FLIP4 実売価格例:1万1750円

もう一つ、ボーズのSoundLink Revolve+は、上質なデザインと素材で落ち着いた大人の雰囲気。コンパクトながらパワフルに360度広がる音響性能はさすがで、オーディオファンも納得の仕上がり。IPX4相当の防滴仕様で雨や水濡れに耐え、落下時の衝撃にも強い設計。家でもアウトドアでも遠慮なく利用できるタフさも魅力だ。

■360度サウンドが楽しめる
ボーズ
SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker
実売価格例:3万7800円

どこから見てもつなぎ目のない美しい外観と、360度広がるパワフルな高音質が魅力。持ちやすい取っ手が便利。別売クレードルで充電も簡単。

画像: ■360度サウンドが楽しめる ボーズ SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker 実売価格例:3万7800円

解説/鴻池賢三(AV評論家)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.