昔レコードをカセットテープにダビングし、カーステレオやウォーキングステレオで楽しんだように、現代でもデジタル化することによってカーステレオやスマホで楽しむことができるようになる。そのためのカンタンな方法AtoZがこれだ。

デジタル録音対応のプレーヤーが手っ取り早い

アナログの全盛期には、膨大なレコードタイトルがプレスされたが、その中には、いまだCD化されていないタイトルも多い。また、そもそもレコードにはCDにはない録音やサウンドの魅力もある。そういったレコード音源を死蔵しないためにも、レコードのデジタル化には意味がある。デジタル化しておけば、万が一、レコードが破損しても内容は失われない。また、アナログ全盛期に、レコードをカセットテープにダビングし、カーステレオやウォーキングステレオで楽しんだように、現代でもデジタル化することによってカーステレオやスマホで楽しむことができるようになる。

レコードのデジタル化に必要となるのは、デジタル録音対応のレコードプレーヤー。機種により、ダイレクトにUSBメモリーやSDカード、CD-Rに録音できるものもあれば、USB端子を装備しパソコンに接続してパソコンで録音・保存するものもある。いずれにしろ、デジタル化された音楽は、CD-R、USBメモリー、SDカード、パソコンとさまざまなメディアに保存でき、自由にコピーを作ってバックアップすることができる。

●バックアップできるメディアの種類

画像: デジタル録音対応のレコードプレーヤーは、製品ごとにデジタル録音できるメディアが異なる。

デジタル録音対応のレコードプレーヤーは、製品ごとにデジタル録音できるメディアが異なる。

パソコンを使ってデータ編集を行うといい

パソコンを使わずに、USBメモリーやSDカードに直接デジタル録音できるレコードプレーヤーがあるが、そのようにダイレクト録音したものも、パソコンで編集すると、デジタル音楽データとしての利便性が向上する。通常、パソコンを使わないダイレクト録音であっても、無音部分を検出して、自動的にトラックナンバーが記録されたり、ファイル分割されるが、ライブ盤のように音が途切れない録音では、これが正確に反応するとは限らない。このような場合は、プレーヤー付属のアプリなどを使って、パソコンで手動編集したほうが正確なデータとなる。

●曲間を認識して自動で分割

画像: デノンのレコードプレーヤーに付属する「MusiCut for DENON」は、MP3ファイルの分割や楽曲情報が編集できる。

デノンのレコードプレーヤーに付属する「MusiCut for DENON」は、MP3ファイルの分割や楽曲情報が編集できる。

また、デジタル音楽データには、曲名やアーティスト名、ジャケット写真などのデータを付加することができ、デジタルオーディオプレーヤーでは、ディスプレイにこれらの情報が表示されることも多い。これもパソコンを使えば、録音済みのファイルに「Mp3tag」などのフリーアプリで編集・書き込みができる。

●音楽ファイルのタグを編集する

画像: Windows用のフリーソフト「Mp3tag」を使えば、MP3ファイルにタイトルやミュージシャン、ジャケットアート情報などを書き込める。

Windows用のフリーソフト「Mp3tag」を使えば、MP3ファイルにタイトルやミュージシャン、ジャケットアート情報などを書き込める。

レコードからUSBにダイレクト録音

●使用機器 デノン・DP-450USB

画像: 前面にUSBを装備し、USBメモリーに直接レコードをデジタル録音できる。ファイル形式はMP3かWAV。録音後のMP3データは、パソコンで付属アプリ「MusiCut for DENON」を使って編集可能。

前面にUSBを装備し、USBメモリーに直接レコードをデジタル録音できる。ファイル形式はMP3かWAV。録音後のMP3データは、パソコンで付属アプリ「MusiCut for DENON」を使って編集可能。

1
プレーヤーにUSBメモリーを挿入

画像: プレーヤーにUSBメモリーを挿す。フォーマットはFAT16限定の機種が多い。

プレーヤーにUSBメモリーを挿す。フォーマットはFAT16限定の機種が多い。

2
RECボタンを押す

画像: 録音フォーマットを選択し、RECボタンを押す。WAVなら、あとでCD化できる。

録音フォーマットを選択し、RECボタンを押す。WAVなら、あとでCD化できる。

3
レコードに針を落とす

画像: 回転数を合わせ、レコード外周の1曲めの無音部分に針を落とす。

回転数を合わせ、レコード外周の1曲めの無音部分に針を落とす。

4
パソコンでトラック分割する

画像: MP3で録音した場合、付属のアプリで、任意の位置で楽曲分割ができる。

MP3で録音した場合、付属のアプリで、任意の位置で楽曲分割ができる。

5
楽曲情報を入力する

画像: 楽曲のタイトル名やミュージシャン名、リリース時期などの情報を書き込める。

楽曲のタイトル名やミュージシャン名、リリース時期などの情報を書き込める。

レコードからCD-Rにダイレクト録音

●使用機器 ティアック・LP-R520

画像: CDドライブに録音機能(書き込み機能)を搭載しており、パソコンを使わずに、レコードやカセットなどの音源をCD化できる。録音レベル調整ができるので、精密な録音が可能となっている。

CDドライブに録音機能(書き込み機能)を搭載しており、パソコンを使わずに、レコードやカセットなどの音源をCD化できる。録音レベル調整ができるので、精密な録音が可能となっている。

1
レコードをセットする

画像: レコードをセットし、クリーニング、回転数合わせなどを完了させておく。

レコードをセットし、クリーニング、回転数合わせなどを完了させておく。

2
CD-Rをセットする

画像: CDドライブのトレーを開き、未使用のCD-Rをセットして、トレーを閉じる。

CDドライブのトレーを開き、未使用のCD-Rをセットして、トレーを閉じる。

3
録音ボタンを押す

画像: 録音ボタンを押す。録音待機状態になる。まだ録音は開始されていない。

録音ボタンを押す。録音待機状態になる。まだ録音は開始されていない。

4
録音レベルを調節する

画像: 録音レベルつまみを操作して、適切な位置にセットする。

録音レベルつまみを操作して、適切な位置にセットする。

5
レコードに針を落とし再生ボタンを押す

画像: レコードの外周の無音部に針を落とし、再生ボタンを押して録音を開始する。

レコードの外周の無音部に針を落とし、再生ボタンを押して録音を開始する。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.