スマホ&タブレットで楽しめるお手軽無料楽器アプリに注目したい。アップル純正の音楽制作アプ「Garage Band」。ドラムを叩くタイミングを学べる練習アプリ「ヤマハ Song Beats」、Androidで一人バンドを実現する楽器シミュレートアプリ「Revontulet Soft Inc Walk Band」、画面を指でなぞりながら弓を動かすバイオリン演奏ゲーム「Revontulet Soft Inc rubycell」などがある。

多彩な楽器の演奏ができるアップル純正の音楽制作アプリ

Garage Band

開発:アップル 対応OS:iOS、Mac

アップル純正の音楽制作アプリで、プロのミュージシャンが曲作りに使うことも多い。ピアノやキーボードといった鍵盤楽器から、バイオリンやチェロなどの弦楽器、ドラムなどの打楽器まで、多彩な楽器の演奏を楽しめる。

画像: 鍵盤楽器のシミュレート画面。グランドピアノからシンセサイザーまで、あらゆる楽器の音色を再現する。コードを選択するだけのオートプレーも楽しめる。

鍵盤楽器のシミュレート画面。グランドピアノからシンセサイザーまで、あらゆる楽器の音色を再現する。コードを選択するだけのオートプレーも楽しめる。

画像: さまざまな楽器パートを組み合わせて半自動演奏的に曲を仕上げることもできる。ちょっといじっただけで、それっぽいエレクトロサウンドが出来上がるのが楽しい。

さまざまな楽器パートを組み合わせて半自動演奏的に曲を仕上げることもできる。ちょっといじっただけで、それっぽいエレクトロサウンドが出来上がるのが楽しい。

画面をタップしながらドラムを叩くタイミングを学べる練習アプリ

Song Beats

開発:ヤマハ 対応OS:iOS

曲に合わせて、いつ、どのタイミングでドラムを叩けばいいのかを、画面をタップしながら視覚的に学習できるアプリ。曲のテンポを変えたり、ドラムの音だけをミュートしたりして練習することが可能だ。

画像: ドラミングの練習画面。内蔵されているサンプル曲に合わせて、スネアやキック、シンバルなどのどこを叩けばいいかを視覚的にガイドしてくれる。

ドラミングの練習画面。内蔵されているサンプル曲に合わせて、スネアやキック、シンバルなどのどこを叩けばいいかを視覚的にガイドしてくれる。

画像: 上の画面の中にあるムービーマークをタップすると、実際にドラムを叩いている動画が再生される。スティックやフットの動きが見られるので、こちらも参考になる。

上の画面の中にあるムービーマークをタップすると、実際にドラムを叩いている動画が再生される。スティックやフットの動きが見られるので、こちらも参考になる。

Androidで一人バンドを実現する楽器シミュレートアプリ

Walk Band

開発:Revontulet Soft Inc 対応OS:Android

上のGarage Bandのような機能をAndroidで提供する音楽制作アプリ。こちらもさまざまな楽器を駆使して「一人バンド」を実現。作った作品はネットでシェアできる。多機能だが、初心者向けの学習モードもある。

画像: ギターのシミュレーター画面。上に並ぶコードをタップして選び、弦をタップするとコードが鳴る。サンプル曲を再生することもできる。

ギターのシミュレーター画面。上に並ぶコードをタップして選び、弦をタップするとコードが鳴る。サンプル曲を再生することもできる。

画像: ギターやベース、キーボード、トランペット、ドラムスなど、さまざまな楽器のプラグインをダウンロードして、シミュレートする音色を増やすことが可能。

ギターやベース、キーボード、トランペット、ドラムスなど、さまざまな楽器のプラグインをダウンロードして、シミュレートする音色を増やすことが可能。

画面を指でなぞりながら弓を動かすバイオリン演奏ゲーム

マジックバイオリン 弓

開発:rubycell 対応OS:Android

スマホの画面上を指でスライドしながら弓を動かすと、滑らかなバイオリンの音色が流れる演奏ゲーム。弓の角度と動かし方でコードと音色が変化する。内蔵されている楽曲に合わせて弾くと、出来を採点してくれる。

画像: ネックの上から下へ落ちてくるスケールに合わせ、角度をつけながら弓をスライドさせる。最初はとまどうが、慣れると滑らかに弾けるようになる。

ネックの上から下へ落ちてくるスケールに合わせ、角度をつけながら弓をスライドさせる。最初はとまどうが、慣れると滑らかに弾けるようになる。

画像: バイオリンの指板を押さえる左手側のシミュレートモード。楽器は、バイオリンのほかにヴィオラやチェロに切り替えることもできる。

バイオリンの指板を押さえる左手側のシミュレートモード。楽器は、バイオリンのほかにヴィオラやチェロに切り替えることもできる。

解説/宇野正樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.