ピュアオーディオで注目したいのは英・Bowers&Wilkins社製のスピーカー「新600シリーズ」。高性能と普及価格を両立させたエントリークラスの製品で、ピュアオーディオからホームシアターまで幅広い用途に対応する。クリプトンからはツイーターとエンクロージャーを改良した人気スピーカーの最新型がリリースされた。またデノンはミニコンポの最新モデル「D-T1」を発売した。

高性能と普及価格を両立させた入門用のスピーカーシリーズ

Bowers & Wilkins 新600シリーズ

●発売日:9月下旬
●価格:8万2080~15万1200円
●問い合わせ先:ディーアンドエムホールディングス /044-670-6611

ディーアンドエムホールディングスは、英・Bowers&Wilkins社製のスピーカー「新600シリーズ」の国内販売を開始した。高性能と普及価格を両立させたエントリークラスの製品で、ピュアオーディオからホームシアターまで幅広い用途に対応できる。

ラインアップは、2ウエイブックシェルフ型2機種、3ウエイフロア型1機種、2ウエイセンタースピーカー1機種、サブウーハー3機種の計7モデル。サブウーハーを除く4機種は、コンティニュアムコーン・ドライバーを新搭載しており、これまで以上にリアルで明瞭なサウンドが楽しめる。

ツイーターとエンクロージャーを改良した人気スピーカーの最新型

クリプトン KX-3Spirit
●発売日:10月下旬 
●価格:41万5800円(ペア)
●問い合わせ先:クリプトン /03-3353-5017

画像: ツイーターとエンクロージャーを改良した人気スピーカーの最新型

クリプトンは、人気の2ウエイブックシェルフスピーカー「KX-3」シリーズの第5世代モデルとして、「KX-3Spirit」を発売した。本機は、砲弾型イコライザー付きの35ミリ径リングダイアフラム型ツイーターを新搭載したことで、5万ヘルツまでの高域再生を実現。

さらに、内部配線には、マグネシウム芯線にPC-Triple Cのより線を巻き付けた新ケーブルを採用しており、ハイレゾ音源もリアルに再現できる。エンクロージャーには、音響特性に優れたスモークユーカリを新採用。美しく強度も高いポリエステル塗装で仕上げられている。

理想的な完全バランス伝送を実現する最高級セパレートアンプ

ヤマハ C-5000/M-5000

●発売日:12月上旬
●価格:いずれも97万2000円
●問い合わせ先:ヤマハ /0570-011-808

画像: ヤマハ C-5000/M-5000

ヤマハは、単品コンポの新製品として、最高級プリアンプ「C-5000」と最高級ステレオパワーアンプ「M-5000」を発売する。いずれも、増幅回路に特許技術「フローティング&バランス方式」を採用しており、純度の高い理想的な完全バランス伝送を実現。セパレート構成ならではの圧倒的な音場感と表現力が楽しめる。

「C-5000」は、各チャンネルの回路をワンボード化して背中合わせに配置し、信号経路を最短化する「ブックマッチ・コンストラクション」も採用している。「M-5000」の出力は、100ワット×2(8Ω)、200ワット×2(4Ω)。

高品位な回路設計を採用したブルートゥース搭載ミニコンポ

デノン D-T1
●発売日:10月上旬
●価格:3万8664円
●問い合わせ先:デノン /0570-666-112

画像: 高品位な回路設計を採用したブルートゥース搭載ミニコンポ

デノンが、ミニコンポの最新モデル「D-T1」を発売した。この製品は、アンプ、CDプレーヤー、FM/AMチューナーを内蔵したセンターユニットと、左右のスピーカーによるシンプルな3ピースシステム。回路間の干渉を防ぐ「セパレート・ブロック・コンストラクション」、経路を最短化して信号純度の低下を抑える「シンプル&ストレート・シグナルパス」などを採用しており、高品位なサウンドを再生できる。ブルートゥースも装備しているから、スマホなどに保存した音源のワイヤレス再生も可能だ。出力は15ワット×2(6Ω)。

This article is a sponsored article by
''.