ケータイやスマホの処分が分かりません。 壊れていて、電源もオンにならなくなったスマホやケータイは、そのまま捨てても問題ないのでしょうか? 自分で初期化することができないですし……(実際、そういうスマホやケータイを持っています)。(Y・Fさん 富山県 33歳)

【読者から質問】

壊れていて、電源もオンにならなくなったスマホやケータイは、そのまま捨てても問題ないのでしょうか? 自分で初期化することができないですし……(実際、そういうスマホやケータイを持っています)。(Y・Fさん 富山県 33歳)

編集部:この質問は、当該記事を担当したガジェットライターの篠原義夫さんに聞きましょう。

【専門家から回答】

「まず大前提として、壊れたり、不要になったりしたからといって、スマホやケータイを家庭ゴミとして処分してはいけません。スマホやケータイは『小型家電リサイクル法』の対象のため、自治体によっては家庭ゴミとして受け付けてくれない場合もあります。加えて、スマホやケータイには情報漏えいという問題がある点にも注意しましょう。

iPhoneは初期状態でデータが暗号化されているほか、Android端末も暗号化機能をオンにしていれば、端末の初期化後にデータを復元することはほぼ不可能ですが、それでも持ち去りのリスクがある家庭ゴミとして処分するのは控えたいものです。

『壊れたスマホや携帯電話なら、データ盗難はありえないのでは?』と思う人もいるかもしれませんが、それは大きな誤り。壊れたスマホや携帯電話は初期化できないので、データはそのまま残っていると考えるべきでしょう。こうした端末が万が一にも悪意と知識のある人の手に渡れば、ストレージ内のデータを簡単に盗み見られてしまいます。
では、どうするか。例えば、ドコモショップでは、目の前で物理的に端末を破壊してくれる(ドコモ以外のキャリアの端末もOK)という店舗もあるようです。端末の廃棄を確実に見届けたいなら、事前にショップに問い合わせて、どんな方法で処分するかを尋ねるといいでしょう」

編集部:リサイクルや情報漏えいのことも考えないといけないので、スマホやケータイの処分は大変ですね。

画像: イラスト/はやし・ひろ

イラスト/はやし・ひろ

専門家:「スマホ&ケータイの廃棄問題ですが、実は手軽な解決策があります。それは、モバイル・リサイクル・ネットワーク(MNR)の回収ボックスを利用するという手です。

MNRは電気通信事業者や製造メーカーによって立ち上げられた団体で、全国9000ヵ所のケータイショップに無料の回収ボックスを設置しています。キャリアやメーカーを問わず、どんな端末でも受け付けてくれるほか、確実な情報漏えい措置も講じてくれるので、不要になったスマホなどを安心して処分できます。

なお、意外に見落としがちですが、Androiの場合、回収ボックスに出す際は必ずmicroSDカードスロットを確認しましょう。うっかりカードを挿したまま端末を捨てないように注意してください。

ちなみにMNRが平成13年からの16年間で回収した端末はなんと約1億3000万台にも及び、ケータイやスマホなどで使われていた金や銀、銅、パラジウムといった希少金属などが再資源としてリサイクルされています。社会貢献の一環として限りある資源を無駄にしないためにも、端末を処分する際には積極的に回収ボックスを利用したいものです」

編集部:資源リサイクルのことを考えると、MNRで回収してもらうのがよさそうですね。了解しました!

This article is a sponsored article by
''.