ペットを飼っているが家を留守にしなければならない時がある。そんな時に便利なのがペットを自動追尾する高画質カメラの「パナソニックKX-HDN205」だ。首振り&赤外線で360度をいつでも高画質に見渡せ、同社のBDレコーダー「おうちクラウドディーガ」と連係し、留守中のペット動画を転送・保存できるなど完成度は現状でピカイチといっていい。

首振り&赤外線で360度をいつでも高画質に見渡せる!

パナソニック
KX-HDN205
実売予想価格:2万5920円前後
(2018年12月発売予定)

画像: 200万画素のフルHDカメラを搭載したネットワークカメラで、首振りや自動追尾機能を備えるなど、ペットの見守りに特化した便利機能を備える。撮影した映像はmicroSDカードに録画できるほか、BDレコーダー「おうちクラウドディーガ」への転送保存にも対応している。サイズは、幅82ミリ×高さ126ミリ×奥行き82ミリ。

200万画素のフルHDカメラを搭載したネットワークカメラで、首振りや自動追尾機能を備えるなど、ペットの見守りに特化した便利機能を備える。撮影した映像はmicroSDカードに録画できるほか、BDレコーダー「おうちクラウドディーガ」への転送保存にも対応している。サイズは、幅82ミリ×高さ126ミリ×奥行き82ミリ。

ライフスタイルの変化に伴い、ペットとの付き合い方も変わってきている。一昔前なら、ペットの飼い主はファミリー層が中心だったが、近年は、単身世帯が急増し、一人暮らしでペットを飼うケースも珍しくなくなっている。また、二人以上の世帯でも、家を留守にしていることが多いだろう。

そこで問題になるのが、自宅に誰もいない場合の「ペットの見守り」だ。留守宅をネットワークカメラで見守るのがトレンドだが、被写体が気まぐれなペット相手となると、思惑どおりには映らないものだ。カメラの前にタイミングよく来てくれるとは限らないし、運よく画面に映っても、すぐにフレーム外に出てしまうかもしれない。

そんな悩ましいペットの見守り問題を解決してくれるのが、パナソニックのKX-HDN205だ。「HDペットカメラ」とうたうだけあって、こだわりの機能が満載。高画質なフルHD(1920ドット×1080ドット)カメラに、左右約360度、上下約90度まで撮影可能な首振り機能を搭載。動体検知&赤外線のWセンサーを駆使した自動追尾機能も備え、最大208度の広範囲にわたってペットの動きを検出できる。この合わせ技なら、気まぐれなペットでも、しっかりと姿をとらえられそうだ。

●上下左右に首振りして撮り逃しなし!

画像: 首振りでカメラを動かして、左右360度、上下90度まで見渡すことが可能。周囲を隅々までチェックできるので、ペットの姿をとらえやすい。

首振りでカメラを動かして、左右360度、上下90度まで見渡すことが可能。周囲を隅々までチェックできるので、ペットの姿をとらえやすい。

●外出先でもスマホからペットの様子をいつでも見守れる!

画像: カメラの映像は、専用アプリ「ホームネットワークW」でどこでも視聴可能。首振りの操作はもちろん、温度センサーが検知した室温の変化も通知してくれる。

カメラの映像は、専用アプリ「ホームネットワークW」でどこでも視聴可能。首振りの操作はもちろん、温度センサーが検知した室温の変化も通知してくれる。

さらに、同社のBDレコーダー「おうちクラウドディーガ」と連係し、留守中のペット動画を転送・保存できる点も大きな魅力。保存した動画はテレビで見られるほか、スマホアプリを使って外出先から再生することも可能だ。

高精細なフルHDカメラに加え、便利な首振り&自動追尾機能も備えるなど、ペットカメラとしての完成度は現状でピカイチといっていい。拡大する一方のペットブームを追い風に、大ヒットを飛ばす可能性も十分ありそうだ。

●自動追尾機能搭載だからペットの動きを逃さない!

画像: ●自動追尾機能搭載だからペットの動きを逃さない!

動体検知センサーに加え、本体両側に赤外線センサーを搭載。2種類のセンサーが最大208度の広範囲にわたって動きを検知し、ペットの姿を自動的に追尾してくれる。

テキスト/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.