プロやハイアマチュアに人気が高いのがフルサイズ機。この秋にはキヤノンとニコンからフルサイズのミラーレスカメラが登場したほか、パナソニックやシグマもフルサイズ市場への参入を発表するなど、カメラ業界全体がフルサイズ推しと言えそうな状況だ。今回は、そんなフルサイズ機の魅力、APS-Cサイズとの違い、どんな人に向いているのかについて紹介する。

フルサイズ機ってどんなカメラ?

「フルサイズ」とは35mm判フィルムと同じ大きさ(左右36×上下24mm)の画面サイズのことで、フルサイズの撮像センサーを搭載したカメラのことを「フルサイズ機」と呼んでいる。ちなみに、英語では「full frame」と表現している。

エントリークラスから中級機で主流のAPS-Cサイズ(23.5×15.6mm程度)やマイクロフォーサーズ(17.4×13mm程度)に比べて画面サイズが大きいのが特徴だ。

APS-Cサイズ機とどこが違うの?

おおざっぱに言うと、フルサイズ機の強みは画質のよさ。白飛びや黒つぶれがしにくいことや、高感度でも画面があまりざらつかない、つまりきれいに撮れるというわけだ。

また、各社ともフルサイズ機に対応するレンズには高性能タイプがそろっている。写りのよさを重視するプロやハイアマチュア層の多くがフルサイズ機を使っているのは、性能のいいレンズが選べることも理由となっている。

背景を大きくボカすことができるので、人物や草花などをファンタジックに撮りたいときにも有利になる。

泣きどころは、大きさと重さ。撮像センサーが大きい分カメラもレンズも大柄になるし、重くなる。価格的にも高価になりがちなので、予算に余裕がないと厳しいかもしれない。

どんな人におすすめなの?

画質のよさがいちばんの強み。写りにこだわりたい人に向いている。

明暗の差が激しい条件に強いので、自然風景やネイチャーシーンには特におすすめだ。

また、暗いシーンでも高画質なので、室内で撮る機会が多い人、街のイルミネーションや工場夜景などが好きな人にもいいだろう。

ただし、さっき書いたように大きさや重さの問題もあるので、体力に自信のない方にはあまりおすすめできない。

おすすめのフルサイズ機はこれだ!

APS-Cサイズ機やマイクロフォーサーズ機に比べると高価になりがちなフルサイズ機だが、最近は一般のアマチュアにも手がとどきやすいように実売価格を抑えた機種も登場している。

以下、カメラライターの私がおすすめする、お手ごろ価格のフルサイズ機を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

◆一眼レフのおすすめ

キヤノンEOS 6D Mark II

ニコンD610

ニコンD750

◆ミラーレスのおすすめ

ソニーα7

ソニーα7 II

フルサイズ機おすすめのまとめ

上にあげた機種はフルサイズ機の中では比較的小型で軽量、APS-Cサイズ機と比べてもあまり割高感もない。

逆に言えば、APS-Cサイズ機の予算に「ちょい足し」すれば手がとどいてしまうのだから見逃せない。

冬のボーナスで一眼レフやミラーレスカメラを買おうかと考えているなら、フルサイズ機もチェックしてほしい。

◆北村智史
いろいろなメーカーのカメラを使って写真を撮ったり記事を書いたりするのがなりわいのフリーライター。カメラ専門誌や一般誌、ウェブ媒体で活動中。文字数多めのブログも運営してます。他人を沼に招く習性があるため、取り扱いには注意が必要です。愛用ソフトウェアはPhoto MechanicとLightroom Classic CC。

This article is a sponsored article by
''.