糖尿病専門医である鶴田加奈子先生は「オクラ水」は血糖値をさげる効果があり、糖尿病対策において優秀な利用法だといいます。さらに、この血糖値を下げる効果のあるオクラ水に、緑茶をプラスしたものが「オクラ茶」です。緑茶のカテキンにも血糖値の上昇を抑制する作用がわかっており、ダブルの効果が期待できます。(特選街web編集部)

糖尿病専門医である鶴田加奈子先生(つるた鷺ノ宮クリニック副院長)が、糖尿病の食事療法として患者さんに勧めているのが「野菜」をしっかり食べること。さらに、先生は「オクラ水」は血糖値をさげる効果があり、糖尿病対策において優秀な利用法だとおっしゃっています。

画像: kenka2.com
kenka2.com

【プロフィール】
鶴田加奈子(つるた・かなこ)
つるた鷺ノ宮クリニック副院長。2009年、山梨大学医学部卒業。国立国際医療研究センターや日本赤十字社大森赤十字病院での勤務医を経て、2015年より現職。日本糖尿病学会糖尿病専門医。日本内科学会内科認定医。日本野菜ソムリエ協会認定・ジュニア野菜ソムリエ。女医+(じょいぷらす)所属。糖尿病をはじめとする生活習慣病の治療を、野菜を取り入れた食生活など、生活習慣の実践的なアドバイスを交えながら行っている。

「オクラ水」については以前の記事で詳しく説明しています。

なぜ、オクラは糖尿病対策に適した野菜なのでしょうか。
鶴田先生によるとオクラの栄養効果や効能は以下のようなものがあるそうです。

オクラの栄養効果・効能

●オクラは緑黄色野菜

緑黄色野菜はビタミンやミネラル、カリウムやβカロテンが豊富に含まれています。健康に欠かせない栄養素がまんべんなく含まれていて、美容効果も期待できます。

●オクラのネバネバが血糖値の急上昇を下げる

オクラのネバネバは水溶性(水に溶けやすい)食物繊維です。水溶性食物繊維は、食べ物の消化・吸収を穏やかにし、血糖値の急上昇を抑える効果があります。水溶性食物繊維を積極的に摂取することは、糖尿病の改善において、非常に有効です。

●インスリン分泌を正常にする

水溶性食物繊維を摂取すると、小腸から出ているインクレチンというホルモンの分泌が促進されます。インクレチンは、血糖値が高くなるときに、インスリン(膵臓から分泌される、血糖値を下げる働きがあるホルモン)を出そうと促すホルモンです。このインクレチンが増えれば、インスリンが正常に分泌されるようになるのです。
また、インクレチンは脳に働きかけて、食欲を抑制する作用があることもわかっています。

つまり、水溶性食物繊維であるネバネバ成分が多く溶け出たオクラ水を飲むことは、血糖値の上昇を緩やかにする効果が期待できるのです。(鶴田先生)
また、以下のような効果もあります。
・食物繊維の摂取は2型糖尿病リスクを下げる
・血糖値の急上昇を抑える作用で、突然死のリスクを下げる

今注目されている「オクラ茶」とは?

この血糖値を下げる効果のあるオクラ水に、緑茶をプラスしたものが「オクラ茶」です。

●緑茶に含まれるカテキンにも血糖値を下げる効果

緑茶にも血糖値の上昇を抑制する作用がわかっています。
栗原クリニック東京・日本橋院長の栗原毅先生は「緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用が認められています。」といいます。
緑茶のカテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。静岡県立大学での研究では、1日7杯の緑茶で血糖値が改善されたという報告もあり、緑茶の糖尿病予防効果がわかってきました。(栗原先生)

●オクラ水・オクラ茶の作り方

画像: ●オクラ水・オクラ茶の作り方

【材料】
生オクラ…5本程度(国産でも海外産でも可)
水…500ml
オクラ茶を作る場合:水出し用緑茶パック…1袋

【作り方】
①オクラのヘタを取り除く。
②瓶に①の切った部分が下になるように入れ、水を注ぐ。
オクラ茶を作る場合は、オクラと緑茶パックを入れて、水を注ぐ
③ふたやラップをして、冷蔵庫で8~12時間ほどおいたら完成。
 オクラを取り出して飲む。

※漬けたオクラをオクラ水(オクラ茶)に再利用はしない。
※海外産のオクラを使う際は、よく洗うか、30分ほど水に漬けてから使用するとよい。
※目安は1日に3杯、その日に飲み切る。
※冷たいままか、常温に戻してから飲む。ぬるま湯を足して人肌程度に温めてもよい。ただし、加熱したり、冷凍保存したりするのはNG。

残ったオクラも食べるようにしましょう。野菜の摂取量の増加になりますし、果肉部分に含まれる不溶性(水に溶けにくい)食物繊維をとることもできます。

オクラ水・オクラ茶は「食前」に飲むと良い

血糖値の乱高下を防ぐ鶴田先生のおすすめの食事の摂り方は「先ベジ(サキベジ)」です。先ベジとは、先にベジタブル、つまり、食事の最初に野菜を食べることです。
血糖値が最も上昇しやすい時間帯は朝ということなので、朝食時に先ベジができるのが最適です。しかし、朝は忙しくてなかなか時間が取れない、野菜はコストがかかる…そんな方にピッタリなのがこのオクラ水(オクラ茶)です。朝食前に飲むだけで手軽に先ベジを取り入れることができます。また、糖質の多い食事をどうしても摂ってしまいそうなときにも、オクラ水やオクラ茶を「食前」に飲むと効果的です。(鶴田先生)

継続して飲むことが大事

毎朝、朝食時に野菜をたくさん摂取することは、難易度が高く、糖質の多い食事を完全に絶つことも難しいでしょう。オクラ水やオクラ茶を習慣化することで、難しい血糖コントロールを楽にすることができるのではないでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.