明治以降の日本の暮らしの基盤を作った科学・技術の成果が一堂に会する特別展が上野科学博物館で、2018年10月30日~2019年3月3日まで開催される。今冬、平成の締めくくりに、上野へ足を運んでみてはいかが。

国立科学博物館 特別展 明治150年記念日本を変えた千の技術博

展示されるのは、自動車、家電、映像・音響、光学、コンピューター、繊維、磁器、農産品、エネルギー、通信などで、普段見られない資料も多数展示。

国立科学博物館 明治150年記念日本を変えた千の技術博
●開催期間:2018年10月30日~2019年3月3日
●開館時間:午前9時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
●休館日:毎週月曜日(例外日あり、要確認)
●当日券:大人1600円、小・中・高校生600円

新元号を来年に控える2018年は、明治元年から150年の年でもあった。そんな明治150年を記念して、上野の国立科学博物館で開催中なのが「日本を変えた 千の技術博」。明治から平成まで、科学と技術によって我々の暮らしがいかに支えられ、進化し、便利になってきたかを見ることができる。

マツダ・コスモスポーツ(所蔵:国立科学博物館)

展示されるのは、自動車、家電、映像・音響、光学、コンピューター、繊維、磁器、農産品、エネルギー、通信などさまざま。今冬、平成の締めくくりに、上野へ足を運んでみてはいかが。

エジソン ホームキネトスコープ(所蔵:国立科学博物館)。

蘇言機(所蔵:国立科学博物館)

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.