画質のいいBD(ブルーレイディスク)が主流の今、なぜDVDソフトがまだ売られているのでしょうか?

【読者から質問】

ハイビジョン解像度で、画質のいいBD(ブルーレイディスク)が主流の今、なぜDVDソフトがまだ売られているのでしょうか?(M・Hさん 長崎県 53歳)

編集部:この質問は、AVライターの鳥居一豊さんに聞きましょう。

【専門家から回答】

「DVDソフトはSD画質で映像を記録し、解像度は720ドット×480ドット。映像圧縮はMPEG-2で、転送速度は約10Mbpsです。一方、BDソフトはHD画質で解像度は1920ドット×1080ドット、圧縮効率をさらに高めたMPEG-4AVCで、転送速度は54Mbps。このように、スペックでは明らかに後継メディアであるBDのほうが優れています。実際の画質もSDとHDなので、その差は瞭然。 それなのに、画質で大きく劣るDVDが今でも発売されているというのは、確かに不思議です。

DVDおそらく、DVD再生機の普及率の高さが最大の理由といえるでしょう。DVDは、サイズがコンパクトなうえ、ディスク再生ならではのクイックアクセス(見たいシーンにすぐ移動できる機能)や、見終わったあとに巻き戻しが不要なことなど、利便性が高く、従来メディアのVHSテープを圧倒してしまいました。パソコンでも、Windows、Macを問わず再生ができましたし、当時のゲーム機もその多くがDVD再生に対応するなど、再生可能な機器が非常に多いのです」

編集部:確かに、多く分野の製品がDVD再生に対応していましたね。

画像: イラスト/はやし・ひろ

イラスト/はやし・ひろ

専門家: 「一方、BDは、パソコンではWindowsが対応していますが、Macは正式には対応していません(再生アプリを用意し、BDドライブを増設すれば再生は可能)。また、地デジなどのハイビジョン番組をBDに録画できるBDレコーダーは、テレビにHDDを接続して録画するという方式が一般的になったこともあり、DVDレコーダーに比べると、普及率は決して高くありません。また、再生機器を必要としない動画配信サービスも数多く存在しており、『DVD再生はできるが、BD再生機器を持っていない』という人も意外に多いのです。そのため、自分の家だけでなく親戚や友人宅など、どこでも安心して再生できるDVDのほうが使いやすいと考える人もいるでしょう。

また、誰もが大画面テレビやホームシアターで映画などのソフトを見ているわけではなく、パソコンの画面で見ている人もいます。その場合、BDの画質・音質のメリットは少なく、ソフトの販売価格も1000円ほど安いDVDで十分と考える人は多いでしょう。レンタルビデオを利用する人にも同じことがいえるかと思います。

これらの理由のため、今でもDVDを愛用する人は少なくありません。そういったユーザーのニーズにこたえるため、DVDソフトも数多く発売されているのでしょう」

編集部:なるほど。個人的には、画質の低いDVDソフトはほとんど見ませんが、もうしばらくは今の状況が続きそうですね。ありがとうございました!

This article is a sponsored article by
''.