中判カメラというと、プロの使うカメラのイメージが強く、これまで価格も含め一般の写真愛好家には敷居の高いものであった。昨年、富士フイルムから登場したGFX 50Sは、そのような概念を変え、比較的身近なものとした中判ミラーレスである。第2弾のGFX 50Rは、50Sをさらに小型・軽量化し、リーズナブルなモデルとなっている。その実力をチェックしていこう。

富士フイルム GFX 50R

実売価格例:60万9660円(ボディ)

画像: フルサイズの1.7倍のセンサーサイズとなる中判カメラだけに、小型・軽量化しても、それなりの大きさと重量感がある。

フルサイズの1.7倍のセンサーサイズとなる中判カメラだけに、小型・軽量化しても、それなりの大きさと重量感がある。

■驚くほど立体感があり、高精細。階調や色調の豊かさは圧倒的!

画像: エッジが立ち、驚くほど立体感があって、高精細な描写である。さらに、階調や色調の豊かさも圧倒的。特に、シャドー部からハイライト部まで余すことなく再現する、ダイナミックレンジの広さには驚かされる。フルサイズ機やAPS-Cサイズ機の描写を凌駕する文句なしの写りである。GF110㎜F2 R LM WR・絞り優先AE(F8・1/450秒)・WBオート・ISO100・JPEG

エッジが立ち、驚くほど立体感があって、高精細な描写である。さらに、階調や色調の豊かさも圧倒的。特に、シャドー部からハイライト部まで余すことなく再現する、ダイナミックレンジの広さには驚かされる。フルサイズ機やAPS-Cサイズ機の描写を凌駕する文句なしの写りである。GF110㎜F2 R LM WR・絞り優先AE(F8・1/450秒)・WBオート・ISO100・JPEG

写真がうまくなった気がするほどの圧巻の描写!

あくまでも中判カメラとしてだが、コンパクトな作りのモデルである。トップカバーにはファインダーの出っ張りがなく、右手用のグリップも控えめな大きさだ。搭載される機能やボタン・レバー類のレイアウトなども含め、同社のミラーレス一眼、X-E3に雰囲気はよく似ているが、サイズに関しては二まわりほど異なる。

画像: カメラ背面部には、見慣れた十字キーがなく、メニューの設定や再生などの操作はフォーカスレバーが担う。●サイズ/幅160.7㎜×高さ96.5㎜×奥行き66.4㎜●重量/690g

カメラ背面部には、見慣れた十字キーがなく、メニューの設定や再生などの操作はフォーカスレバーが担う。●サイズ/幅160.7㎜×高さ96.5㎜×奥行き66.4㎜●重量/690g

5140万画素、44ミリ×33ミリの撮像センサーが生成する描写は、圧巻だ。解像感や階調再現性はいうに及ばず、立体感のスゴさは中判デジタルならではのもの。写真がうまくなったような勘違いを起こしてしまいそうな写りである。AFの合焦スピードは速く、その精度も極めて高い。中判デジタルとして不足を感じる点はなく、さらに扱いに関しても、小難しいところのないカメラである。

画像: 予期せず猫が家の間から出てきたので、思わずシャッターを切った。中判なのに、素早いAFとレスポンスのいい動きで、シャッターチャンスを逃さない。GF110㎜F2 R LM WR・絞り優先AE(F2・1/500秒)・WBオート・ISO100・JPEG

予期せず猫が家の間から出てきたので、思わずシャッターを切った。中判なのに、素早いAFとレスポンスのいい動きで、シャッターチャンスを逃さない。GF110㎜F2 R LM WR・絞り優先AE(F2・1/500秒)・WBオート・ISO100・JPEG

画像: 写真がうまくなった気がするほどの圧巻の描写!

キビキビとした操作感で、35ミリフルサイズ機やAPS-C機から乗り替えても違和感がない。現時点でのGマウントレンズは、主張の強いものばかりだが、発表済みのロードマップを見ると、控えめなパンケーキタイプのGF50㎜F3.5 R LM WRの発売が来年早々にも予定されている。それと組み合わせると、よさそうだ。

写真&テキスト/大浦タケシ 
筆者紹介:宮崎県都城市生まれ。雑誌カメラマン、デザイン企画会社を経てフォトグラファーとして独立。「マキナ67」のようなレンズ一体型の中判デジタルがあってもおもしろいかも、と思う今日このごろ。

This article is a sponsored article by
''.