クルマを所有せずに利用活にシフトするサービスが拡充してきている。トヨタ自動車は、定額でクルマに乗れるサービス「KINTO」を2019年から始めると発表。カーシェアにおいてトヨタは実績があり、北米ハワイ州でカーシェアサービス「Hui」を既に始めている。そして三井不動産リアルティ株式会社は高級車のメルセデス・ベンツ新型Aクラスのカーシェアを開始。また千葉県野田市で「おもしろレンタカー」を運営する「株式会社はなぐるま」は、ランボルーニ・ガヤルドをレンタカーに導入するなど、メーカー、販売店、レンタカー事業者など独自のサービスを展開し始めている。(特選街web編集部)

画像: トヨタ自動車は、北米ハワイ州において現地販売店を主体にカーシェアサービス「Hui」を開始している。

トヨタ自動車は、北米ハワイ州において現地販売店を主体にカーシェアサービス「Hui」を開始している。

トヨタが定額でクルマに乗れるサービス「KINTO(キント)」を2019年から開始

トヨタが、定額でクルマに乗れるサービス「KINTO(キント)」を2019年から始めると発表した。日本のトップメーカーが、クルマを作る会社からモビリティに関わるあらゆるサービスを提供する「モビリティ・カンパニー」へと変革するという公式アナウンスは大きな話題となった。

KINTOは好きなクルマ・乗りたいクルマを自由に選び、気軽に楽しみたいというニーズに応えたもの。税金や保険、メンテナンスを月額定額でサービス。コネクテッド技術を活用して安全運転・エコ運転の度合や販売店の定期入庫などをポイント化し、利用者に還元するプログラムも展開する予定だ。

クルマを所有から利活用にシフトして、カーシェアリングやカーリース、レンタカーなど保有と乗り方の選択肢が増え、消費者にとってもメリットのあることだ。車種、利用料金は未定だが、もし高級車レクサスも含まれたサービスだとすると、ちょっと夢がある。

画像: 「Hui」は、窓口での手続きが不要で、登録から予約、利用、支払いまで一連の操作を全てアプリ上で行うことが可能。アメリカの最新ライフスタイルは程なく日本にやってくる。

「Hui」は、窓口での手続きが不要で、登録から予約、利用、支払いまで一連の操作を全てアプリ上で行うことが可能。アメリカの最新ライフスタイルは程なく日本にやってくる。

ちなみに日本国内の話ではないが、トヨタ自動車は北米ハワイ州においてカーシェアサービス「Hui」を既に開始している。スマートフォンのアプリを通じて、ホノルル市内にある25か所からプリウスなどを24時間いつでも、時間または日にち単位で借りることができる。ガソリン代や保険料など全て基本料金に含まれるため、窓口での手続きが不要で、登録から予約、利用、支払いまで一連の操作を全てアプリ上で行うことが可能。これに加え、車両に搭載された「スマートキーボックス」によりドアの開閉やエンジン始動もスマートフォンで出来るサービス。

画像: サーフィンに行く時だけ、買い物の時だけ利用するなど、利用活にシフトするのが新しいライフスタイル。

サーフィンに行く時だけ、買い物の時だけ利用するなど、利用活にシフトするのが新しいライフスタイル。

最新ベンツAクラスが10分210円から乗れる!

高級車のカーシェアサービスと言えば、メルセデス・ベンツ新型Aクラスが「カレコ・カーシェアリングクラブ」に追加され、「dカーシェア」からも利用可能になった。

カレコ・カーシェアリングクラブは三井不動産リアルティ株式会社が運営するカーシェアリングサービス。同時にNTTドコモが提供する総合カーシェアプラットフォーム「dカーシェア」を通じた新型Aクラスの利用が12月13日より可能になった。

画像: カレコ・カーシェアリングクラブの料金表によるとベンツクラスが設定され、個人会員だと10分170円、6時間4,300円などの料金設定になっている。

カレコ・カーシェアリングクラブの料金表によるとベンツクラスが設定され、個人会員だと10分170円、6時間4,300円などの料金設定になっている。

このサービスは、メルセデス・ベンツ日本(以下MBJ)がスマートフォン一つで、メルセデスを体験できる取り組み「Tap!Mercedes!(タップ!メルセデス!)」の第二弾となる。第一弾は2018年8月、メルセデスの試乗サービスを提供するものだった。

カレコ・カーシェアリングクラブの料金表によるとベンツクラスが設定され、個人会員だと10分210円、6時間5,200円、12時間8,900円、24時間10,800円、夜間(18時~翌9時)は3,700円。最短30分から10分単位で予約でき、予約時間に合わせて、10分単位の料金とパック料金から、最も安い組み合わせが適用される。

また専用会員カードの発行は不要で、ケータイやSuicaで利用できるので、初期費用は0円。月会費の980円も利用料金として使えるので、乗った月は実質0円。ガソリン代も利用料金に含まれている。

このベンツクラスにはコンパクトスポーツのAクラスの他、室内がもう少し広いコンパクトなBクラス、4ドアクーペのCLA、最低地上高が少し高められ、クロスオーバーSUVのGLAなど、コンパクトクラスが設定されている。

さらに上級車種に乗ることが出来るプレミアムクラスも設定され、Cクラスセダンやカブリオレ、クーペタイプ4WD・SUVのGLAやミニバンのVクラスの他、トヨタ・レクサスなども設定されている。こちらは10分290円、6時間8,300円、12時間9,700円、24時間12,000円、夜間5,500円。いずれも高級車を気軽に体験出来る料金体系となっている。

「おもしろレンタカー」ではランボルギーニ・ガヤルドLP560-4を導入

画像: 2018年11月からのサービスで、7時間45,900円から乗ることができる。

2018年11月からのサービスで、7時間45,900円から乗ることができる。

また千葉県野田市で「おもしろレンタカー」を運営する株式会社はなぐるまでは、ランボルギーニガヤルドをレンタカーに導入した。2018年11月からのサービスで、7時間45,900円から乗ることができる。ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4は560馬力の5.2L V10エンジンを搭載した4WDのスーパーカー。

他にも日産GTR(6時間18,440円~)、ポルシェ911カレラ(6時間1万7,700円~)、BMW335iカブリオレ(6時間9,800円~)などスポーツカーやプレミアムカーを借りることができる。

購入する事に比べれば、各段に安い費用で高級車、スーパースポーツを楽しむことができるサービスが拡充してきている。

画像: ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4は560馬力の5.2L V10エンジンを搭載した4WDのスーパーカー。これもレンタルOK。

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4は560馬力の5.2L V10エンジンを搭載した4WDのスーパーカー。これもレンタルOK。

ソース元/トヨタ自動車、メルセデス・ベンツ日本、三井不動産リアルティ、はなぐるま
※料金は2018年12月18日現在のものです。変更になる可能性があり、最新のものは事業者にご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.