食事は、健康の源。しかし認知症になると、食事の困りごとが、増えてきます。たとえば、食事をしたことを忘れてしまったり、嚥下障害によってむせてしまったり、食べるのを嫌がったり、反対に、異常な食欲による過食などが起こることがあります。認知症の食事のお世話をする人はこのような「困った」に対してどのような対応をすれば良いのでしょうか。対応例をご紹介しましょう。

認知症の「食事」問題

認知症の方のお世話の1つ「食事」。認知症になると、今までできていた「食べること」も難しくなってしまうことがあります。
例えば、さっき食べたばかりなのに食事の催促をしてきたり、過食や拒食、食べ物でないものを口にしてしまったりすることが起こります。正しい対応策を知っていれば、このような場面に出会ったときに慌てなくて済みます。

どのような事例と対応策があるか、紹介しましょう。

①食事をしたことを忘れる

さっき食事をしたのに、「ごはんはまだ?」「食べていない」と、食べたことを忘れてしまうのは、よくある話。短期記憶が低下し、さっきの出来事を忘れてしまう記憶障害の問題もありますが、満腹中枢の機能が働かなくなり、いくら食べても満腹にならず、空腹を訴えるという側面もあります。
食べた記憶がなく、空腹を感じている本人に、「さっき食べた」と説得するのは、困難です。むしろ、「食べさせてもらえない」という被害感情や、「この先も食べられないのでは」と不安感を持ってしまいます。

【対応例】
「今から用意しますね」「おやつを食べて、待っててください」と声をかけ、食べられる期待感を持ってもらいましょう。

②かき込んでむせる

認知症になると、嚥下機能が低下して、むせやすくなることがあります。また、上手に食べられなくなり、一口より多い量を口に入れたり、急いでかきこんだりして、むせやすくなる場合もあります。

【対応例】
食事を、小分けにして食べやすくしたり、とろみをつけて飲み込みやすくしたり、食事介助の方法の工夫を、専門職の人に相談しましょう。
医師や看護師、介護のプロのケアマネージャーやヘルパーのほか、嚥下障害のリハビリを得意とする言語聴覚士も、むせる原因や誤嚥を防ぐ方法をアドバイスしてくれます。

③たくさん食べすぎる(過食)

認知症の人の中には、異常な食欲で大量に食べる「過食」が見られる場合があります。さらには、家族の目を盗んでいろいろと食べてしまう「盗食」に発展することも。
食べるのを止めるのは、とにかく困難です。食べ物が目につけば、あるだけ口に入れてしまうのです。

【対応例】
目が届くところに食べ物を置かない、冷蔵庫は鍵をかける、あるいは、食材が目に付きにくい容器にしまう、といった対処で、過食の時期をやり過ごしましょう。

④食べない、食べるのを嫌がる(拒食)

いろいろな理由で、食べるのを拒否する「拒食」が見られることもあります。

【対応例】
「さっき食べた」「嫁の食事は食べない」「毒が入っている」など、理由が明快であれば、それに応じた対処を、試みてみましょう。別の人が食事を作ったり食べるのを勧める、食事を置きっぱなしにする(お腹が空けば食べる)、といった対応で、うまくいくことがあります。
本人にもわからない理由として、味覚や嗅覚の変化、歯や口腔内の異変、認知機能の影響で食べ物を認識できない、といったケースもあります。「拒食」が長引くときは、医療や介護のプロに相談しましょう。

⑤食べられないものを食べる

認知症が進むと、食行動の以上として、食べられないものまで口に入れる「異食」が見られることがあります。
認知症の人に、「食べてはダメ」と教えたり注意しても、幼児の教育と違って、効果はないでしょう。

【対応例】
対処法は、洗剤、タバコ、薬品など危険なものは当然ですが、口に入れそうなものは、目に付かないように、置き場所を工夫して、管理することになります。

◆大田ひとみ
精神科専門のソーシャルワーカー・精神保健福祉士。フリーランスで医療相談や生活支援、家族相談、ときに講師、と幅広い仕事に従事。専門は認知症。たとえ認知症であっても地域で穏やかに過ごし続けられる、シニア生活の環境改善をライフワークとする。近年は特に在宅医療の支援に注力している。

This article is a sponsored article by
''.