オプトスタイルは、QLED(クオンタム・ドット・LED)方式液晶パネルを日本で初めて採用した55V型4Kテレビ「OPTVISION 55UDX400R」を発売した。このQLED方式によりパネル厚わずか7.9ミリという驚きの薄さを実現している。

オプトスタイル OPTVISION 55UDX400R

●発売日:11月29日
●価格:12万9600円
●問い合わせ先:オプトスタイル

画像: オプトスタイル OPTVISION 55UDX400R

4K/HDR対応の55V型ながらパネル厚わずか7.9ミリを実現

オプトスタイルは、QLED(クオンタム・ドット・LED)方式液晶パネルを日本で初めて採用した55V型4Kテレビ「OPTVISION 55UDX400R」を発売した。QLED方式は、特殊な光拡散素材をベースとしたフィルムを光源に組み合わせることで、エッジライティングにもかかわらず十分な輝度と色域を確保できるのが特徴。

これにより本機は、4K/HDR対応の55V型ながら、パネル厚わずか7.9ミリという驚きの薄さを実現した。4Kアップスケーリング機能、外付けHDD録画機能なども搭載。地上/BS/110度CSチューナーは2系統。

文/編集部

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.