Windows8以降で採用された「モダンUI」は、スタートメニューに大きなタイル状のアイコンを用いるなど、7から大きく変貌を遂げている。いきなり7から10にOS環境が変わると、戸惑うことも多いだろう。そんなときは、10の画面を少しでも7に近づけてみるといい。7と似た感覚で操作できるように設定できるのだ。そのカンタンな方法を解説する。

Windows10は7に近いスタートメニューにカスタマイズできる

Windows8以降で採用された「モダンUI」は、スタートメニューに大きなタイル状のアイコンを用いるなど、7から大きく変貌を遂げている。いきなり7から10にOS環境が変わると、戸惑うことも多いだろう。

そんなときは、10の画面を少しでも7に近づけてみるといい。もちろん、7とまったく同じというわけにはいかないが、多少なりとも違和感を軽減できるはずだ。まず手始めに変更したいのが、スタートメニューのスタイル。タイルをすべて削除したうえで、メニュー端をドラッグしてサイズを最小化すれば、7に近いスタートメニューにカスタマイズできる。

また、スタートメニューやタスクバーなどの配色は、設定の「個人用設定」にある「色」から変更可能。7の標準カラーであるグレーに近い配色に変えれば、親しみやすさもグッと増すはずだ。

7と似た感覚で操作できるように設定

画像: スタートメニューなどの配色は「個人用設定」の「色」から変更できる。「アクセントカラー」の項目はすべてチェックしよう。

スタートメニューなどの配色は「個人用設定」の「色」から変更できる。「アクセントカラー」の項目はすべてチェックしよう。

画像: タイルのピン留めをすべて外して空いたスペースは、スタートメニュー端をドラッグして最小化すれば消すことができる。

タイルのピン留めをすべて外して空いたスペースは、スタートメニュー端をドラッグして最小化すれば消すことができる。

画像: スタートメニューのタイルをすべて削除し、配色をグレーに変更。まったく同様とはいかないが、7と似た感覚で操作できるようになる。

スタートメニューのタイルをすべて削除し、配色をグレーに変更。まったく同様とはいかないが、7と似た感覚で操作できるようになる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.