10は「Windowsの集大成」とされるだけあって、歴代Windowsの中で最も機能が充実しているのはいうまでもない。半面、どんな便利な機能が搭載されているのかを探し出すにも、労力がかかる。そこで活用したいのが、10のいろいろな機能を知ることができ、スタートメニューから起動できる「ヒント」だ。

Windows10の便利さがいま一つわからない!

10の電子ガイドブック「ヒント」とは?

10は「Windowsの集大成」とされるだけあって、歴代Windowsの中で最も機能が充実しているのはいうまでもない。半面、どんな便利な機能が搭載されているのかを探し出すにも、膨大な労力がかかる。そこで活用したいのが、10のスタートメニューから起動できる「ヒント」だ。

ヒントといっても、いま一つピンとこないかもしれないが、基本的には10の「電子ガイドブック」と考えればいい。ヒントでは、基本操作やアプリの使い方、さらには最新のメジャーアップデートで追加された新機能の解説など、10ユーザーなら必見の内容ばかりを多数掲載。しかも、各記事では、文章だけでなく画像や動画もふんだんに使われているので、誰でも気軽に読める。これさえチェックすれば、10の便利さをもっと実感できるだろう。

「ヒント」でいろいろな機能を知ることができる

画像: 「ヒント」はスタートメニューから起動可能。たびたび利用するなら、タイルとしてピン留めしておくといいだろう。

「ヒント」はスタートメニューから起動可能。たびたび利用するなら、タイルとしてピン留めしておくといいだろう。

画像: ヒントの内容は、10の機能紹介だけでなく、標準アプリの活用テクや「Edge」ブラウザーの使い方など、実に盛りだくさんだ。

ヒントの内容は、10の機能紹介だけでなく、標準アプリの活用テクや「Edge」ブラウザーの使い方など、実に盛りだくさんだ。

画像: 記事によっては、機能やアプリの操作方法などを動画で用意している場合も。具体的な手順がわかるので、非常に参考になる。

記事によっては、機能やアプリの操作方法などを動画で用意している場合も。具体的な手順がわかるので、非常に参考になる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.