ネットで同じパスワードの使いまわしは危険だ。利用する全てのサイトで別々のパスワードを設定するのが安全だが、全部を記憶しておくのは難しい。そこで、おすすめなのがWindows用パスワード管理アプリ「ID Manager」と「コアパスワード法」だ。

すべてのサイトで別のパスワードを使った方がいい

パスワード全部を記憶しておくのは難しい

ネットでは、数多くのサービスを利用する。そのため、使うパスワードをすべて同じものにしていると、もし一つのサイトからIDとパスワードが漏れたとき、自分が利用しているすべてのサイトやサービスが、他人にアクセスされてしまうかもしれない。それを防ぐためには、すべてのサイトで別のパスワードを使わなければならない。しかし、全部を記憶しておくのには無理がある。

パスワード管理アプリ・コアパスワード法がおすすめ

そこで、「パスワード管理アプリ」の出番だ。「ID Manager」は、古くからあるWindows用パスワード管理アプリで、Windows10でも作動する。このアプリを管理するマスターパスワードを設定しておけば、サイトごとのIDとパスワードを記録し、クリップボードコピーで利用できる。サイトにアクセスした際の自動入力機能もあり、安全かつ便利なアプリである。

また、最近話題のコアパスワード法も、おすすめのパスワード作成方法といえる。

パスワード管理アプリの「ID Manager」を利用

画像: 「ID Manager」で、サイト名、ID、パスワード、サイトのURLを入力。「URLボタン」をクリックするとブラウザーが起動し、そのサイトが表示される。「一括貼り付けボタン」をクリックすれば、IDとパスワードが自動で入力される。

「ID Manager」で、サイト名、ID、パスワード、サイトのURLを入力。「URLボタン」をクリックするとブラウザーが起動し、そのサイトが表示される。「一括貼り付けボタン」をクリックすれば、IDとパスワードが自動で入力される。

「ID Manager」の入手先⇒http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm

コアパスワード法とは

まず、単語や短文から類推されにくい文字列を作り、日本語をローマ字にして、その一部を大文字や数字に置き替える。

画像1: 【パスワードの管理方法】おすすめは「ID Manager」と「コアパスワード法」

そのように作ったコアパスワードにサービスごとの記号を付加する。記号は前でも後ろでもいい。

画像2: 【パスワードの管理方法】おすすめは「ID Manager」と「コアパスワード法」

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.