パソコンのファンの音が大きい原因は?音を小さくする設定はある?

Windows

パソコンのファンは、主にパソコンの心臓部であるCPUの冷却に用いられる。ファンの音が大きいパソコンは、CPUがフル稼働している頻度が高いともいえるが、近年のパソコンなら、「冷却ポリシー」を変更することで、ファンの稼働率を多少和らげることができる。その設定手順を紹介する。

ファンの音がうるさいときの対処法は?

パソコンのファンはCPUの冷却で使われる

パソコンのファンは、主にパソコンの心臓部であるCPUの冷却に用いられる。ファンの音が大きいパソコンは、CPUがフル稼働している頻度が高いともいえるが、近年のパソコンなら、「冷却ポリシー」を変更することで、ファンの稼働率を多少和らげることができる。

冷却ポリシーを「パッシブ」に設定する

冷却ポリシーには「パッシブ」と「アクティブ」があり、アクティブの場合は、CPUの熱が上がると、まずファンを回し、それでも温度が下がらなければ、ファンの回転数を上げ、さらに温度が上がったらCPUの能力を下げる。

パッシブの場合は、CPUの熱が上がると、まずCPUの能力を下げ、それでも温度が下がらなければファンを回し、さらに温度が上がったらファンの回転数を上げるという動作になる。
つまり、パッシブに設定すれば、CPU負荷の初期段階ではファンがフル稼働しないわけだ。

「冷却ポリシー」は「プラン設定の編集」の中で設定

「スタート」ボタンを右クリックし、「電源オプション」→「電源の追加設定」→「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」をクリックする。

「プロセッサの電源管理」の中にある「システムの冷却ポリシー」で、「アクティブ」と「パッシブ」が切り替えられる。

解説/福多利夫(フリーライター)

Windowsガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース