スマホを使う人の連絡手段として、世代を問わずに広く普及している「LINE」。スマホ利用者の約8割が使っているという調査結果もあるので、インストールしておいて損はないだろう。トークや通話だけでなく画像のやり取りや音声通話、「フェイスブック」などのSNSもやり取りも可能など、さまざまなサービスがある。その特徴を解説する。

国内で利用者が最も多い「LINE」

スマホを使う人の連絡手段として、世代を問わずに広く普及している「LINE」。スマホ利用者の約8割が使っているという調査結果もあるので、インストールしておいて損はないだろう。

「LINE」には、さまざまな機能やサービスがあるが、ほとんどは無料で利用できる。最も使われているのが「トーク」で、お互いに“友だち”と認証し合った人どうしで、メッセージのやり取りができ、写真や動画も送受信もできる。家族や友だちなどで複数人のグループを作成し、情報や写真を簡単に共有できることも「LINE」の特徴だ。

LINE

画像: 「LINE」を代表する機能「トーク」では、友だちとメッセージや画像のやり取りができる。連絡先や位置情報などの送信も可能だ。

「LINE」を代表する機能「トーク」では、友だちとメッセージや画像のやり取りができる。連絡先や位置情報などの送信も可能だ。

注意したいのが、「LINE」で写真や動画を送ると、素早く送受信できるように自動でデータが小さくなること。また、トークで送信した動画は、一定期間が経過すると見られなくなる。本来の画質のままで画像をやり取りしたい場合は、メールに添付したり、ほかのクラウドサービスを利用したりしよう。

さらに、「LINE」には“友だち”どうしで音声通話やビデオ通話が利用できる機能もある。モバイルデータ通信の利用時は、通信するデータ量に応じたデータ通信料がかかるが、Wi─Fi接続時は無料。通話料が従量課金のプランに加入している場合や、5分以内無料のプランで長電話したいときなど、通話料の節約にもつながる。

画像: グループを作成して「アルバム」で画像を共有することも可能。“友だち”と音声通話もでき、通話料が発生しないので、海外渡航時などにも役立つ。

グループを作成して「アルバム」で画像を共有することも可能。“友だち”と音声通話もでき、通話料が発生しないので、海外渡航時などにも役立つ。

トークや通話だけでなく画像のやり取りや音声通話など様々なサービスがある

「フェイスブック」などのSNSもやり取り可能

なお、「フェイスブック」「ツイッター」「インスタグラム」という人気のSNSにもメッセージの送受信機能があり、画像も送信できる。「フェイスブック」には、別途「メッセンジャー」というメッセージ専用アプリも用意され、利用者も多い。

メッセンジャーは利用者も多い

画像: 「フェイスブック」は実名登録が原則となっており、連絡手段として活用する人も多い。メッセージをやり取りするには、「メッセンジャー」アプリが別途必要。

「フェイスブック」は実名登録が原則となっており、連絡手段として活用する人も多い。メッセージをやり取りするには、「メッセンジャー」アプリが別途必要。

同じSNSを使っているどうしでやり取りができる

画像: 「インスタグラム」もメッセージの送受信ができ、写真や動画も送信可能(画面左)。「ツイッター」は、メールのアイコンをタップすると、メッセージの送受信が可能(画面右)。

「インスタグラム」もメッセージの送受信ができ、写真や動画も送信可能(画面左)。「ツイッター」は、メールのアイコンをタップすると、メッセージの送受信が可能(画面右)。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.