スマホがWi-Fiにつながらない場合、設定ミスやWi-Fiルーターの不調、Wi-Fiルーターと光モデムなどのケーブル接続不良、ネット回線の混雑・不通など、いくつかの要因が考えられる。主なチェック方法と対策を4つにまとめた。

スマホがWi-Fiにつながらないんだけど……

スマホがWi-Fiにつながらない場合、設定ミスやWi-Fiルーターの不調、Wi-Fiルーターと光モデム(ONU)などのケーブル接続不良、ネット回線の混雑・不通など、いくつかの要因が考えられる。

スマホでのWi-Fi設定が完了できないという場合は、パスワードの入力ミスであることが多い。パスワードは全角と半角、大文字と小文字、記号を厳密に判別するので、完全に合致しないと接続できない。もし何度やっても接続を拒否される場合は、Wi-Fiルーターを初期化して、SSIDやパスワードを工場出荷状態に戻すといいだろう。

ケーブルの接続不良も含め、ネット回線側のトラブルが原因の場合は、まず、ケーブルの接続をやり直して、関連する機器すべてをネット回線に近い順に再起動させよう。具体的には、光モデム→レンタルのルーターなど→Wi-Fiルーターの順になる。これにより、正常な通信が再開されることも多い。

Wi-Fiの電波が弱く、スマホがWi-Fiの電波を見つけられないということもある。この場合は、Wi-Fiルーターの置き場所を変えるなどして、電波の通りがよくなるようにしたい。また、近隣に自分と同じチャンネルを使うWi-Fiがあり、電波干渉により電波が弱くなっていることも考えられる。Android端末があれば、Wi-Fiの電波状況やチャンネルを確認できる「Wifi Analyzer」などのアプリを使い、チャンネルを確認してみよう。同じチャンネルが使われているようなら、Wi-Fiルーターの設定で、使用チャンネルを変えるといい。

つながらないときのチェックポイントと対策

❶スマホにWi-Fiマークが表示されていない

➡Wi-Fi設定をやり直す

❷設定画面にWi-FiルーターのSSIDが表示されない

➡Wi-Fiルーターの再起動・初期化

❸インターネットが見られない

➡光モデム、レンタルのルーター、Wi-Fiルーターの順に再起動・障害発生の確認

❹電波が弱い

➡Wi-Fiルーターの移動、チャンネルの確認と変更

アプリでチャンネルの重複を確認

farproc
Wifi Analyzer

無料
Android

画像: 近隣に、自分の使っているチャンネルと同じチャンネルの電波があると、干渉で電波が弱くなってしまう。アプリで調べ、Wi-Fiルーターの設定でチャンネルを変えるといい。

近隣に、自分の使っているチャンネルと同じチャンネルの電波があると、干渉で電波が弱くなってしまう。アプリで調べ、Wi-Fiルーターの設定でチャンネルを変えるといい。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.