創業101年目の象印が30代の共働き・子育て世帯をターゲットにした生活家電の新シリーズとして、IH炊飯ジャー、電動ポット、コーヒーメーカー、ホットプレートの4製品をリリース。この「スタンシリーズ」は、現代のインテリアに溶け込むデザインや、“楽しむ家事”“楽な家事”にこたえる機能などが搭載されているのが特徴だ。

30代の共働き・子育て世帯をターゲットにした生活家電

創業101年目の象印が新シリーズを展開!

1918年の創業以来、実に101年目を迎える象印が、新たに提案する“暮らしの道具”が「スタンシリーズ」。2月1日にIH炊飯ジャー、電動ポット、コーヒーメーカー、ホットプレートの4製品をリリース。

そのメインターゲットは、30代の共働き・子育て世帯で、長い歴史で培われた製品力をベースに、現代のインテリアに溶け込むデザインを採用。“楽しむ家事”“楽な家事”にこたえる機能や、手入れの手軽さ、子育て時に合わせた使いやすさや安全性などにも配慮している。

象印マホービン
STAN.(スタンシリーズ)

IH炊飯ジャー
NW-SA10(3万7670円)

画像: 主張しすぎないシックなデザイン。

主張しすぎないシックなデザイン。

電動ポット
CP-CA12(1万7150円)

画像1: 象印マホービン STAN.(スタンシリーズ)

ホットプレート
EA-FA10(1万7150円)

画像2: 象印マホービン STAN.(スタンシリーズ)

コーヒーメーカー
EC-XA30(1万1210円)​

画像3: 象印マホービン STAN.(スタンシリーズ)

●サイトURL→http://www.zojirushi.co.jp/

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.