ママチャリとスポーツサイクル。これは全く違います。それなりのスピードが出て、荷物も詰める、スカートでもOKというママチャリは、とっても便利な自転車です。一方、ロードレーサーに代表されるスポーツサイクルは一芸特化です。ロードレーサーなら、スピードに特化。荷物も詰めない。スカートで乗れません。普通のズボンで乗っていると、お尻が痛くて堪らなくなる。不自由なことこの上ありません。しかし「速度」は超一級。ストイックですが、その分スゴく気持ちイイ。魅せられます。

ツールでも有名なパナソニックの自転車

しかし、それも体力があるうち。
「長い人生、人がドキドキできる時間のなんと短いことか!」と愚痴の一つも言いたくなるモノ。でも安心ください。今や電気時代。電化製品はいろいろと人のアシストをしてくれます。
スポーツ自転車もそうです。
このアシスト付きのカテゴリー、名前を「e-Bike(イーバイク)」と言います。

今、ドイツ、オランダを中心に、ブームが始まっているe-Bike。
パナソニックサイクルが日本で試乗会をするというので、還暦に近い私ですが、乗せてもらいに行きました。

フランスは「耐える」と言うことがスゴい好きです。
自動車の「ル・マン24時間レース」、バイクの「ボルドール24時間レース」。
そして自転車の「ツール・ド・フランス」。フランス一周、距離:約3300km、高低差:2000mを23日間かけて走る気の遠くなるレースです。
それだけに優勝者はスーパーヒーロー。優勝者が乗った自転車メーカーは大いに実入りが良くなります。

日本では、総合家電メーカーとしてのイメージが強いパナソニックですが、松下幸之助が自転車への思い入れがあり、1952年ナショナル自転車工業を開業。このツール・ド・フランスへも、自転車を送り込み、数日間、総合一位獲得を日本で初めて成し遂げたメーカーでもあります。

そんなメーカーが、e-Bikeのフラッグシップを出したとしたら、ちょっと気になるじゃぁないですか。で、「乗せてください!」と手をあげてしまいました。

e-MTBのフラッグシップ「XM-D2」は2019年3月発売予定

パナソニックが力を入れているのはオフロード用のe-Bile。いわゆるマウンテンバイクというやつです。
XM1、XM2の二機種に加え、今回フラッグシップとして登場したのがXM-D2。メーカー希望小売価格は60万円(税別)です。

画像: cycle.panasonic.com
cycle.panasonic.com

XM-D2は実に本格的なモデルです。
剛性の高い専用アルミフレームに、前後共に160mmという長いストロークを持つ、しなやかなサスペンション装具。
路面をしっかり追従していることが手に取るように分かります。
登りでは、電動モーターが強力アシスト。普段なら怯むような急坂をモノともしません。
下りでは、740cm幅のフラットハンドルのコントロールのし易さ、そして4ポッドの強力ディスクブレーキの効きが光ります。操りやすい。

今回は初めての試乗であるので、アシスト力の違い(ECO、AUTO、HIGH)だけで頑張ってみましたが、問題なくクリア。
スキーでパラレルターンができる様になると、滑るのが楽しくなりますが、XM-D2に乗るのはそんな感じ。オフロードを走るのが楽しくなります。その上、キラキラして、いろいろな色が混ざり合ったスペースブルーがスゴく誇らしげです。実にいいマシンです。

画像: XM-D2と、BMXライダーの飯端美樹さん。

XM-D2と、BMXライダーの飯端美樹さん。

画像: 後ろの斜面に、試乗で使ったミニカントリーコースがある。

後ろの斜面に、試乗で使ったミニカントリーコースがある。

ただ、日常使いもこれだとどうでしょうか。他のスペックはともかく、少なくとも人が密集している都内には、私はハンドル幅が大きすぎるように思いました。

日常+オフロードという眼でみると、XM2が光ります。
XM2はフロントサス、ハンドル幅:68cm。
XM-D2の様にディスクにポッドが吸い付くようなブレーキでもありません。しかし、アシストは強力ですし、バランスがいいです。どこでも気持ちがいい、e-Bikeです。

その下のXM1は、XM-D2、XM2に乗ってしまうと一寸物足りません。
XD2との一番大きな違いは、前ギアがシングルであることです。
不慣れなオフロードコースではちょっと無理なので、コース前の平地をグルグル回って確認しました。

結論は、前2段の差は大きく、あるとスムーズにいろいろな状況に対応できるということです。
XM2とXM1の価格差は5万円ですが、私はXM2の方を選びますね。
逆に、XM1の長所は考えなくてもいいところです。ママチャリからステップアップする人によっては、XM1の方が乗りやすいかも知れません。

また、体力の落ちた私でも、楽しく乗れたわけですから、e-Bikeは年齢を問わず楽しめることが分かります。

トコトン作り込まれた憧れのフラッグシップ:XM-D2。
バランスよく、どこでも長く相棒として活躍してくれそうなXM2、そしてe-Bike入門のXM1という感じです。

パナソニックが世に出す品質

自転車好きな人が見ると、XM-D2は、今のトレンドパーツの集合体ではないことが分かります。
会場でも「××と比較して、何故このパーツ?」という質問がでました。
パナソニックの言い分は明確でした。
「パナソニックの品質基準に満たなかったからです」

某メーカーで、「パーツに汎用品を用いてコストを下げました」と聞かされ、チェックさせてもらったところ、フィニッシュが酷すぎて眉をひそめたことがあります。
今後の日本メーカーのあり方を考えた時、「高品質」こそがメインキーワードになると思います。そう意味で、パナソニックのこの回答は嬉しかったです。

また、パナソニックは体験を通して、e-Bikeを広めて行きたいと言います。
興味がある人は是非参加してみてください。新しい「ワクワク」に出会えるかも知れません。

画像: 新型e-MTB「XM‐D2」プロモーションムービー youtu.be

新型e-MTB「XM‐D2」プロモーションムービー

youtu.be

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京散歩とラーメンの食べ歩き。
生活家電.com

This article is a sponsored article by
''.