ティアック 「AX-505」は、幅290ミリ×奥行き264ミリのコンパクト設計で、人気のUSB DAC「UD-505」やネットワークプレーヤー「NT-505」と組み合わせて、高品位な省スペースシステムを構築できるプリメインアンプ。115ワット×2の高出力を備える。

115ワット×2の高出力を備えたコンパクトなプリメインアンプ

ティアックは、単品コンポの新製品として、プリメインアンプ「AX-505」を発売した。幅290ミリ×奥行き264ミリのコンパクト設計が特徴で、人気のUSB DAC「UD-505」やネットワークプレーヤー「NT-505」と組み合わせて、高品位な省スペースシステムを構築できる。

ティアック
AX-505

●発売日:2月上旬
●実売価格:16万円程度

画像1: ティアック AX-505

パワーアンプ部には、蘭・Hypex社製のアンプモジュール「Ncore」を採用しており、小型ボディながら115ワット×2(4Ω)の高出力を実現している。グランドセパレート接続に対応したヘッドホンアンプも搭載。入力は、XLRバランス1系統とRCA3系統。

画像2: ティアック AX-505

●問い合わせ先:ティアック 0570-000-701

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.