via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
ミラーレス一眼の最近のトレンドは、高性能EVF(電子ビューファインダー)を搭載した中〜高級モデル。一眼レフの光学ファインダーに負けない見え方のよさが注目されている。ここでは、プロやハイアマにもユーザーが多い「ミドルクラス」のミラーレス一眼を4機種紹介しよう。

ミドルクラス③
パナソニック DC-G9

実売価格例:20万290円(ボディ)

画像: ●サイズ/幅136.9㎜×高さ97.3㎜×奥行き91.6㎜●重量/658g

●サイズ/幅136.9㎜×高さ97.3㎜×奥行き91.6㎜●重量/658g

主要スペック

●撮像センサー 4/3LiveMOS

●有効画素数 2033万画素

●最大連写速度 20コマ/秒

●キットのレンズはライカブランド

画像3: 【最新ミラーレス一眼】性能・操作性に納得の“中級モデル”おすすめ4選

ライカブランドのDG12〜60ミリがキットレンズ。全体的にはシャープでコントラストも高く、引き締まった仕上がりだ。

静止画のフラッグシップ機として登場した高級モデル。防塵・防滴性の高いがっちりしたマグネシウム合金ボディに、368万ドットの高精細EVFを搭載する。

顔や瞳を認識するだけでなく、横顔や背中向きの人物までとらえてピントを合わせることができるAFは見どころの一つ。20コマ/秒連写や6.5段の効果を持つボディ内手ブレ補正も魅力だ。

撮像センサーが小さいぶん高感度は弱いが、明るいシーンでの画質は申し分ない。交換レンズを含めたシステム全体での軽快さを重視する人にはおすすめだ。

採点

横顔や背中向きの人までとらえる先進的なAF。連写スピードの速さや手ブレ補正の効果も魅力

画質 ★★★
機能★★★★
操作性★★★★★
※採点は各項目5点満点。
総合評価は、評価の高い順に
A+→A→A−→B+→B→B−→C+→C→C−の9段階。

総合評価‥‥‥A

高感度がやや弱い以外は良好な画質。機能面でも不満は少ない。カスタマイズ可能なボタンも多くて便利。

こんな人におすすめ!

シャッターボタンが軽いので、チャンス重視の撮影には有利。連写も速いので、野鳥などを撮るのにもいい。

This article is a sponsored article by
''.