via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
ミラーレス一眼の最近のトレンドは、高性能EVF(電子ビューファインダー)を搭載した中〜高級モデル。一眼レフの光学ファインダーに負けない見え方のよさが注目されている。ここでは、プロやハイアマにもユーザーが多い「ミドルクラス」のミラーレス一眼を4機種紹介しよう。

ミドルクラス④
富士フイルム X-T3

実売価格例:19万7230円(ボディ)

画像: ●サイズ/幅132.5㎜×高さ92.8㎜×奥行き58.8㎜●重量/539g

●サイズ/幅132.5㎜×高さ92.8㎜×奥行き58.8㎜●重量/539g

主要スペック

●撮像センサー APS-C

●有効画素数 2610万画素

●最大連写速度 20コマ/秒

●手ごろだが画質のいい望遠ズーム

画像4: 【最新ミラーレス一眼】性能・操作性に納得の“中級モデル”おすすめ4選

XC50~230ミリで撮影したカット。お手ごろタイプの望遠ズームながら画質的には上々。AFのスピードも速くて快適だ。

メカ好きにはたまらないクラシックカメラテイストが魅力の高級機。撮像センサーと画像処理エンジンが新型になって、機能や性能が大きく向上している。

特に、AFは位相差検出が可能な範囲が画面全体に広がって、従来よりも快適なピント合わせが楽しめる。人物の顔や瞳への追従性能も2倍に強化。連写も、最高20コマ/秒にスピードアップした。

実写では、メリハリのある描写が楽しめる。キットレンズでの解像感はまずまずで、リバーサルフィルムに近い発色にはプロやハイアマチュアのファンも多い。

採点

クラシックカメラテイストが魅力の高性能機。リバーサルフィルムに近い発色にはファンも多い

画質 ★★★
機能★★★★
操作性★★★★
※採点は各項目5点満点。
総合評価は、評価の高い順に
A+→A→A−→B+→B→B−→C+→C→C−の9段階。

総合評価‥‥‥A-

キットレンズは一般用途になら不満のない画質。縦位置にも対応する3方向チルト式のモニターが便利だ。

こんな人におすすめ!

人肌の再現には定評があり、女性ポートレートを撮る人にはいい。位相差AFエリアが広がり汎用性も向上。

解説/北村智史(カメラライター)

This article is a sponsored article by
''.