テレビにつないだ外付けのUSBハードディスクへ録画してある大事な録画番組。新しいテレビに買い替えて、ハードディスクもつなぎ直したけど、再生できない…。実は古めのテレビやレコーダーでは、録画済みの外付けハードディスクを、他のテレビへつなぎ直して再生することは不可能だった。しかし、それを可能にした規格が「SeeQVault(シーキューボルト)」だ。

外付けHDDを新しいテレビにつなぎ直しても、録画番組は引っ越しできない 

今のテレビは、ごく当たり前に外付けのUSBハードディスクをつなぎ、番組録画ができる。
また、レコーダーも本体内蔵ハードディスクに加え、外部ハードディスク増設用のUSBポートを備えている製品がある。
ただし、録画用ハードディスクは接続したテレビやレコーダーと1対1で紐付けられており、他の機器につなぎ直して録画番組を再生することはできない。
新しいテレビに繋いでも、ハードディスクは認識されず、初期化を求められてしまうのだ。
初期化を行えば、空の録画用ハードディスクとして使い直すことはできるが、もちろん録画番組は消えてしまう。

テレビやレコーダーなど録画機器をまたいで再生可能になる「シーキューボルト」

テレビが故障したり、テレビを買い替えたときでも、ハードディスクをつなぎ直して番組を移動できないのは不便。
そんな人に活用してほしい技術が「SeeQVault(シーキューボルト)」だ。

SeeQVaultとは、機器をまたいで録画番組の再生を可能とする技術。
わかりやすくいえば、SeeQVaultに対応したテレビやハードディスク、レコーダーの組み合わせなら、機器をつなぎ直しても再生できる。
古いテレビで録画したハードディスクを、買い替えた新しいテレビに繋ぎ直したり、他の部屋のテレビで再生することが可能だ。

画像: SeeQVault対応テレビとハードディスクなら、つなぎ直すだけで他のテレビで録画番組が再生できる www.toshiba.co.jp

SeeQVault対応テレビとハードディスクなら、つなぎ直すだけで他のテレビで録画番組が再生できる

www.toshiba.co.jp

東芝、パナソニック、ソニー、シャープ、フナイから対応製品 

最近は、SeeQVaultに対応した製品が増えており、東芝やパナソニック、ソニー、シャープ、フナイなど、各社からSeeQVault対応テレビやレコーダー、ハードディスクが発売されている。
注意が必要なのは、テレビとハードディスク、またレコーダーとハードディスクの両方がSeeQVault対応製品の必要がある、ということ。
また、新テレビと旧テレビも、両方がSeeQVault対応でなくてはならない。SeeQVault非対応の旧テレビから、録画番組を引っ越しさせる、というふうには使えないのだ。東芝やパナソニック、ソニー、シャープ、フナイなど、各社からSeeQVault対応テレビやレコーダー、ハードディスクが発売

また、ハードディスクは初めてつないだときにSeeQVault方式で初期化(フォーマット)する必要がある。説明書を確認して設定しよう。

画像: 録画機器は両方ともSeeQVault対応製品が必要。 www.buffalo.jp

録画機器は両方ともSeeQVault対応製品が必要。

www.buffalo.jp

東芝
REGZA 50BM620X 

SeeQVaultに対応したテレビ。BS/CS 4Kチューナー内蔵で4Kの高画質を楽しめ、BSや地デジは3チューナー構成のため番組を見ながら他の2番組を録画可能。重低音バズーカーオーディオシステムなどを搭載して、迫力ある低音サウンドを実現しているのも特徴だ。リンク先は50V型だが55V型や43V型も用意されている。

画像: 東芝 REGZA 50BM620X

東芝 
レグザブルーレイ DBR-T1008 

SeeQVaultに対応したBDレコーダー、容量1TBのハードディスクを内蔵するが、SeeQVault対応ハードディスクをUSBで繋げば容量が増やせ、録画番組の移動も簡単となる。トリプルチューナーを搭載して3番組の同時録画が可能だ。機能は共通で内蔵ハードディスク容量3TBのDBR-T3008、容量2TBのDBR-T2008も選べる。

画像: 東芝 レグザブルーレイ DBR-T1008

原則として同じメーカーを組み合わせよう 

実際の使い勝手として注意しておきたいのは、録画した機器と再生する機器は同じメーカー同士でなくてはいけない。たとえば東芝のテレビで録画したハードディスクは、パナソニックやソニーのレコーダーに繋いでも再生できない、というのが公式見解となっている。テレビとハードディスク、レコーダーとハードディスクを同一メーカーで揃えるという意味ではなくテレビ(A)→ハードディスク→テレビ(B)の場合はAとBは同じメーカーにする、ということだ。
実際には異なるメーカー同士で再生ができる組み合わせもあるようだが、正式メーカーサポートとしては動作確認情報などがない。手元にたまたま複数メーカーのSeeQVault対応製品があるなら、試してみてもいいだろう。

BUFFALO 
SeeQVault対応 外付けHDD 4TB
HDV-SQ4.0U3/VC

テレビやレコーダーにつなぐ録画専用として設計された24時間連続録画対応のUSBハードディスク。SeeQVaultに対応し、テレビやレコーダーが変わっても録画番組を引き継げる。ファンレスかつ防振設計なので、静音性に優れ鑑賞中も動作音が気になりづらいのも特徴だ。リンク先は容量4TBモデルだが3TB/2TB/1TBモデルも用意されている。

画像: BUFFALO SeeQVault対応 外付けHDD 4TB HDV-SQ4.0U3/VC

まとめ

SeeQVaultとは、USBハードディスクに録り貯めた録画番組を、古いテレビから新しいテレビなどハードディスクをつなぎ直しても機器をまたいで再生できる技術。SeeQVault対応製品で同一メーカーであれば再生できる。組み合わせる製品は、すべてSeeQVault対応のものが必要。最近のテレビやレコーダーにはSeeQVault対応製品が増えているので、新しく録画用ハードディスクを買うならSeeQVault対応製品にしておくと安心だ。

◆大坪知樹
オーディオやPCといった記事を多く手がけてきたが、ガジェットはもちろん白物家電、クルマ・バイク、模型や玩具、時計に服・靴など基本的にモノが好きな物欲系フリーランスライター。

This article is a sponsored article by
''.