この夏のパソコン市場で大きな話題を呼びそうなのがNECのプロシューマー向け13.3型ノートPC「LAVIE Pro Mobile」だ。プロシューマーとは生産者と消費者を組み合わせた造語で、パソコンをクリエイティブに積極活用するユーザー層を示す。実際のスペックも高く、最上位モデルのPM750/NAでは、ハイエンド機に迫る高性能を実現している。

堅牢性、携帯性、長時間駆動など
“プロシューマー”向けをうたう新モバイルノートが登場

NECの2019年夏モデルでひときわ目を引くのが、「プロシューマー向け」と銘打つ13.3型ノート、LAVIE Pro Mobileだ。プロシューマーとは生産者と消費者を組み合わせた造語であり、パソコンを受け身ではなく、クリエイティブに積極活用するユーザー層を示す。

具体的な用途としては、ビジネス面では、資料作成やビデオ会議など。趣味関連では、写真や動画編集などが挙げられるが、どれもパソコンの基本性能が大きく問われる作業ばかりだ。そこにあえて切り込んでいったことからも、同社の高い自信がうかがえる。

NEC
LAVIE Pro Mobileシリーズ

837グラムの超軽量ながら、76センチ落下試験クリア、20時間駆動など性能も充実

●実売価格例:23万7380円(PM750/NAモデル)

画像: 市販モデルは、PM750/NAとPM550/NAの2モデル構成。いずれもディスプレイにフルHD(1920ドット×10 80ドット)解像度の13.3型IPS液晶を採用。8Gバイトのメモリー、タッチ式の指紋認証機能を搭載。本体色は、メテオグレー、クラシックボルドー、フレアゴールドの3色。サイズ・重量は、幅307.8ミリ×高さ15.5ミリ×奥行き215.7ミリ・837グラム。

市販モデルは、PM750/NAとPM550/NAの2モデル構成。いずれもディスプレイにフルHD(1920ドット×10
80ドット)解像度の13.3型IPS液晶を採用。8Gバイトのメモリー、タッチ式の指紋認証機能を搭載。本体色は、メテオグレー、クラシックボルドー、フレアゴールドの3色。サイズ・重量は、幅307.8ミリ×高さ15.5ミリ×奥行き215.7ミリ・837グラム。

実際のスペックも高く、最上位モデルのPM750/NAでは、CPUに第8世代のCore i7、メモリーは8Gバイト、ストレージには512GバイトのSSDを採用するなど、ハイエンド機に迫る高性能を実現。
機能面も、プロシューマーマシンらしく、電源ボタン一体型の指紋認証センサーのほか、極上の打鍵感が得られるというこだわりのキーボードを搭載。キーが沈み込む際の抵抗感には、「弱→強→弱」と押下量に応じて変化をつけ、クリック感も極めて良好だ。

さらに、重量837グラムという超軽量機ながら、バッテリー持続時間は最大20時間と、スタミナ性能も抜群。面耐圧は150キログラム重で76センチの落下試験もクリアするなど、筐体の剛性も文句なしといえる。プロシューマーの厳しい審美眼にこたえる本格モバイルノートとして、機動性と生産性、信頼性の三拍子がそろった本機は、この夏のパソコン市場で大きな話題を呼びそうだ。

3最薄部8.7ミリ&高剛性なので、持ち運びも楽ちん

画像: 天板には、軽量かつ剛性に優れた新素材カーボンを使用。最薄部はわずか8.7ミリと極めてスリムなので、持ち運びもストレスなしだ。

天板には、軽量かつ剛性に優れた新素材カーボンを使用。最薄部はわずか8.7ミリと極めてスリムなので、持ち運びもストレスなしだ。

ヒンジや排気口の配置までこだわった上質なデザイン

画像: 正面から見えないヒンジや排気口を採用するなど、デザインのマイナスを徹底排除。ベゼルもスリム仕様。

正面から見えないヒンジや排気口を採用するなど、デザインのマイナスを徹底排除。ベゼルもスリム仕様。

※価格は記事作成時のものです。
文/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.