スマホのタッチパネルは、圧力を感知する「感圧式」ではなく、指先に微量の電気を流す「静電容量式」が採用されている。タッチパネルに反応するのは、人間の皮膚の部分で、爪では反応しない。「スマホ対応手袋」はタッチパネルに反応する素材が指先に塗ってあるため、シンプルな操作は可能だ。

<疑問と悩み>
タッチ操作が苦手。コツを教えて!

⇒⇒強く押すのではなく、指の腹で優しくなでる感じでタッチする

スマホのタッチパネルは、圧力を感知する「感圧式」ではなく、指先に微量の電気を流す「静電容量式」が採用されている。そのため、画面に強く指を押しつけても意味がない。指の腹で優しくなでる感じでタッチしたり、指をすべらせるように動かしたりする必要がある。

タッチパネルに反応するのは、人間の皮膚の部分で、爪では反応しない。また、指先が極端に乾燥していると反応しにくくなる。なお、指が水道水などで濡れていては難しいが、保湿クリームやローションが塗られていても大丈夫なことが多い。

一部の機種では、手袋をしたまま操作できる「手袋モード」が搭載されているが、原則として手袋をしたままでは操作はできない。スマホの操作ができるように、タッチパネルに反応する素材が指先に塗ってある「スマホ対応手袋」であれば、シンプルな操作ならこなせる。

画面に軽く触れる程度の力で操作する

画像: 圧力を感知しているわけではないので、軽く触れる程度の力で操作すればいい。爪では反応しない。指先が極度に乾燥している場合も反応は悪い。

圧力を感知しているわけではないので、軽く触れる程度の力で操作すればいい。爪では反応しない。指先が極度に乾燥している場合も反応は悪い。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.