購入したばかりのiPhoneで撮影すると動画が撮れていて驚く人も多いだろう。これは「Live Photos」という、シャッターを押す前後の計3秒を動画で撮影する機能が初期設定になっているからだ。
静止画を撮りたい場合は、モードを切り替える必要がある。

<疑問と悩み>
静止画のつもりで撮ったら、短い動画だった

⇒⇒「Live Photos」モードがオンになっているため

iPhoneのカメラは、シャッターを押す前後の計3秒を動画で撮影する「Live Photos」が初期設定となっている。通常の静止画で撮りたいなら、Live Photosはオフにする必要がある。切り替え方法は、ファインダー画面上部のLiveアイコンをタップするだけだ。

ただし、いったんオフにするとその状態が保持されるため、今度はLive Photosが必要な場面で撮り逃がしやすくなる。カメラアプリ起動時にLive Photosをオン/オフどちらの状態にするかは、「設定」の「カメラ」から選べるので、使い方に合わせて選択するといい。

●「Live Photos」をオフにして撮影する

画像1: 【iPhoneカメラ】短い動画が撮れるのはなぜ?Live Photosと静止画の切り替え方法

「Live Photos」は、ファインダー画面上にあるLiveアイコンをタップするだけで、オン/オフを簡単に切り替えられる。

画像2: 【iPhoneカメラ】短い動画が撮れるのはなぜ?Live Photosと静止画の切り替え方法

Live Photosの自動起動を回避したいときは、「設定」の「カメラ」→「設定の保持」→「Live Photos」をオフにするといい。

画像3: 【iPhoneカメラ】短い動画が撮れるのはなぜ?Live Photosと静止画の切り替え方法

短い動画は「Live Photos」だったんだ!
オフにもできるんだね!

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.