Windows7は、2020年1月14日をもって「延長サポート」が終了する。OSのサポートが完全に終わると、アプリや周辺機器が動作対象外に、そしてパソコン本体も修理や相談窓口などの受付を終了させる場合がほとんど。サポート終了後は「セキュリティ更新プログラム」の配信が止まり、不正アクセスに対して無防備になってしまう。不正アクセスを防ぐには「Windows10」に乗り替えるのが最善だ。ここではWindows7からWindows10へ乗り換える方法を解説する。

Step2】大事なデータはこうやってバックアップ、引っ越ししよう

Windowsのアップグレード作業に入る前に、必ず済ませておく必要があるのが、7環境で使用していたアプリやデータの「バックアップ」だ。これをうっかり忘れると、重要なデータを失ってしまったり、アプリの再インストールができなくなってしまったりなど、手痛い事態になりかねない。はやる気持ちはわかるが、アップグレードは、必要なデータ類のバックアップが完全に終わってから、と強く意識しておきたい。

データのバックアップ方法にはさまざまな方法があるが、ビギナーにおすすめなのがUSBメモリーや外付けHDDなど、外部ストレージを使ったデータのコピーだ。7にはOS標準でバックアップ機能も備わっているが、やや操作がわかりにくこともあって、必要なデータをすべて保存できていなかったという致命的なミスが起こりやすい。
それに比べ、外部ストレージを使ったバックアップは、すべて手作業でデータをコピーをするため、手間はかかるものの、大きな失敗は生じにくい。

画像: データがさほど大きくないなら、価格帯も手ごろなUSBメモリーで十分。一方、数百Gバイト以上とかさばるなら、値段は張るが大容量の外付けHDDを用意する必要がある。

データがさほど大きくないなら、価格帯も手ごろなUSBメモリーで十分。一方、数百Gバイト以上とかさばるなら、値段は張るが大容量の外付けHDDを用意する必要がある。

引っ越しが必要なデータは人によって異なるだろうが、最低限でも「ドキュメント」「ピクチャ」「ミュージック」などのデータフォルダーのほか、デスクトップ上のファイル、さらに使用しているアプリの保存データだけは必ずコピーしておこう。あとは10パソコンの準備が出来しだい、これらのデータをコピーして引っ越しさせればいい。

引っ越すべき最低限のデータはこれ

画像: 基本は「ドキュメント関連」「デスクトップ」「アプリの保存データ」の3種類。もちろん、このほかにも重要なデータがあるなら、それらももれなくバックアップしておくこと。

基本は「ドキュメント関連」「デスクトップ」「アプリの保存データ」の3種類。もちろん、このほかにも重要なデータがあるなら、それらももれなくバックアップしておくこと。

さらに、新しいパソコンで使いたいアプリのインストールディスクやUSBメモリー、ダウンロード先のURL、シリアルコードなどを準備しておくことも重要。また、メールやクラウドストレージなど、使用中のウエブサービスのアカウントに関する情報も、紙などに控えておくようにしよう。

新しいパソコンで利用するアプリも用意

画像: アプリのインストールメディアやダウンロード先のURLはあらかじめ準備しておこう。そうすれば、新しいパソコンにも手間なく導入できるはずだ。

アプリのインストールメディアやダウンロード先のURLはあらかじめ準備しておこう。そうすれば、新しいパソコンにも手間なく導入できるはずだ。

This article is a sponsored article by
''.