Windows7は、2020年1月14日をもって「延長サポート」が終了する。OSのサポートが完全に終わると、アプリや周辺機器が動作対象外に、そしてパソコン本体も修理や相談窓口などの受付を終了させる場合がほとんど。サポート終了後は「セキュリティ更新プログラム」の配信が止まり、不正アクセスに対して無防備になってしまう。不正アクセスを防ぐには「Windows10」に乗り替えるのが最善だ。ここではWindows7からWindows10へ乗り換える方法を解説する。

Step3】手持ちのパソコンで10が快適に動作するか確認しよう

アップグレードをしたいが、手持ちの7パソコンでWindows10が快適に動くかどうかわからないという人も多いだろう。そんなときは、マイクロソフトがネットで公開している無料のセットアップツールを利用すれば、実際に7パソコンに10をインストールして、動作を確認することが可能だ。

画像1: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

Windows10のセットアップツールを入手しよう

画像3: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

ダウンロードした「MediaCreationTool1903」(末尾の4桁数字は異なる場合もある)をダブルクリックすると、10のセットアップツールが起動する。

詳しいインストール手順は下記のとおりだが、基本的にはセットアップツールの指示に従っていくだけで、さほど難しいことはない。ただし、注意点が二つあって、一つは最初の選択画面で「このPCを今すぐアップグレードする」を実行すること。もう一つは、引き継ぎ項目の設定画面で「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を確実に選ぶことだ。これらを覚えておけば、ツールから10の上書きインストールを実行できるだろう。

画像4: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

セットアップを実行して、パソコンの動作を確認

画像5: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

ツールが起動すると、まず10のインストール準備が開始される。OS環境によってはしばらく時間がかかる場合がある。

画像6: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

「適用される通知とライセンス条項」をよく確認して、「同意する」ボタンをクリック。これで、インストールの準備作業が再開される。

画像7: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

準備画面が切り替わったら、「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」をクリックして先の手順に進もう。

画像8: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

Windows10のインストールデータのダウンロードが開始。ダウンロードが完了すると、セットアップ用メディアの作成画面に自動で移行する。

画像9: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

メディアの作成が終わると、ライセンス条項が再び表示される。内容をよく確認したうえで「同意する」をクリックし、次の手順に進もう。

画像10: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

引き継ぎ設定画面で、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」が選択されていることを確認したうえで、「インストール」をクリックする。

画像11: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

数回の再起動をはさんで、10のインストールが実行される。画面に「キャンセル」ボタンが表示されている間は取りやめることも可能だ。

画像12: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

インストールの最終段階では、位置情報や音声データの収集など、プライバシー設定の変更画面が表示される。内容を確認して「同意」をクリック。

画像13: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

インストールが完了すると、Windows10のデスクトップ画面が表示される。アプリやデータなどが無事に引き継がれているかを確認しよう。

10のセットアップが完了したら、アプリや周辺機器の動作やOSの安定性など、気になる点をしっかりチェック。もし問題があったら、「設定」の「更新とセキュリティ」→「回復」から元の7環境に戻すことが可能だ。いったん戻してから、クリーンインストールによるアップグレードなど別の方法を検討したい。ただし、元に戻せるのは10のインストール後、10日間までとなるので注意しよう。
特に動作に問題がなければ、そのまま10のライセンス認証を行って、製品版として登録することもできる。ライセンス認証方法は次のページで詳しく紹介しているので参考にしてほしい。

画像14: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

動作などに問題が生じた場合は、いったんWindows7に戻そう

画像15: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

元の7環境に復元したい場合は、「設定」で「更新とセキュリティ」の「回復」を開いて、「Windows7に戻す」項目の「開始する」をクリック。

画像16: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

7に戻す理由を選択肢から選んでチェックを付ける。回答が終わったら画面右下の「次へ」ボタンをクリックし、次の手順に進もう。

画像17: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

10の不具合を解消するアップデートのチェックをすすめられるが、ここでは「行わない」をクリックして復元作業を続行する。

画像18: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

作業には数時間要する可能性があるなど、7に戻す場合の注意事項が表示される。内容をよく確認したうえで「次へ」をクリックしよう。

画像19: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

「ロックアウト」に関する注意が表示される。復元後の7でサインインできなくならないように、パスワードを利用していた場合は必ず準備しよう。

画像20: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

最終確認画面で「Windows7に復元する」をクリックすると、復元が開始する。いったん実行するとキャンセルはできないので注意しよう。

This article is a sponsored article by
''.