Windows7は、2020年1月14日をもって「延長サポート」が終了する。OSのサポートが完全に終わると、アプリや周辺機器が動作対象外に、そしてパソコン本体も修理や相談窓口などの受付を終了させる場合がほとんど。サポート終了後は「セキュリティ更新プログラム」の配信が止まり、不正アクセスに対して無防備になってしまう。不正アクセスを防ぐには「Windows10」に乗り替えるのが最善だ。ここではWindows7からWindows10へ乗り換える方法を解説する。

Step4】10のライセンス認証を確認して必要な手続きを行おう

Windows10へのアップグレード後に必要となるのが「ライセンス認証」の手続きだ。
まず、パッケージやダウンロード版については、Windows10をインストールする過程で、製品に添付されているプロダクトキーを使ってライセンス認証を実行することができる。

しかし、マイクロソフトがネットで公開しているセットアップツール(前ページ)でアップグレードした場合は、事情が少々異なる。アップグレード後に確認してほしいのが、「設定」の「更新とセキュリティ」の中にある「ライセンス認証」項目だ。

ここで「ライセンス認証がされている」という旨が表示されているなら、すでにライセンス認証済みとなる。これは、元の7パソコンが10の無償アップグレード対象モデルである場合か、10の無償アップグレード期間中に、そのパソコンに10をインストールしたことがある場合。これらは、現在でもライセンス認証が認められるケースがあるようだ。

画像21: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

Windows10への無償アップグレード対象パソコンの場合、そのままライセンス認証される場合もある

画像22: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

10の無償アップグレード対象モデルなどは、すでに認証済みの可能性もある。確認するには、まず「設定」の「更新とセキュリティ」を開こう。

画像23: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

「更新とセキュリティ」画面が開いたら、サイドメニューから「ライセンス認証」をクリックして認証の有無を確認しよう。

画像24: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

「ライセンス認証」項目に「ライセンス認証されている」旨が記載されているなら、製品版の10としてそのまま利用可能だ。

一方、「ライセンス認証」項目に「未承認」の旨が表示されているときは、ライセンス認証の手続
きが必要になる。この場合は、「設定」の「更新とセキュリティ」の「ライセンス認証」にある「プロダクトキーを変更する」から7のプロダクトキーを入力してみよう。無償アップグレードが認められれば、そのまま10を製品版として利用することができる。

画像25: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

プロダクトキーの入力が求められた場合は、パソコンの本体やインストールディスクを確認しよう

画像26: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

ライセンスが未承認なら、7のプロダクトキーで認証される可能性もある。キーの入力は「ライセンス認証」の「プロダクトキーを変更します」から行える。

画像27: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

7のプロダクトキーは全25桁の英数字で、パソコンの筐体に貼られたシールやインストールディスクなどで参照できる場合が多い。心当たりを探してみよう。

画像28: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

「プロダクトキーを変更します」をクリックすると、入力ウインドウが表示される。全25桁のプロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックしよう。

画像29: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

ウインドウの内容が切り替わったら、「ライセンス認証」をクリック。使用したプロダクトキーが認証可能かどうか、サーバーへ問い合わせが行われる。

画像30: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

問題なく認証が通れば「Windowsはライセンス認証済みです」と表示される。認証が通らない場合は、ライセンスの購入を検討しよう。

もし認められない場合は、10のライセンスを購入する必要がある。購入方法で最も手っ取り早いのは「ライセンス認証」項目下の「Microsoft Storeに移動」からライセンスを購入するという方法だろう。もちろん、ほかの通販サイトやショップなどで有料のパッケージやダウンロード版を入手してもいい。

画像31: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

ライセンスが未承認の場合は手続きが必要になる

画像32: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

ライセンスが未承認だと「設定」画面にその旨が表示される。購入手続きを行う場合は、メッセージをクリックしよう。

画像33: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

設定の「ライセンス認証」画面が開いたら、認証の有無を再度確認。やはり未承認だったら手続きが必要となる。

画像34: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

今すぐライセンスを購入する場合は、ライセンス認証画面の「Microsoft Storeに移動」をクリック。

画像35: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

「ストア」が起動して、10のライセンス購入ページが開く。価格や概要を確認し、問題なければ「購入」をクリックしよう。

画像36: 【Windows7】延長サポート終了間近!今すぐ始める対策「Windows10への乗り換え手順」を徹底解説

購入には、10のライセンスとひもづけるマイクロソフトアカウントが必要となる。所有していない場合は新規作成しよう。

解説/篠原義夫 (ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.