いい音で、どこでも好きな音楽を聴ける。いまではごく当たり前のこととなったその体験は、ソニーのポータブルオーディオプレーヤーブランドとしておなじみの「ウォークマン」がもたらしたものだ。1979年に最初の製品が誕生したウォークマン、その40周年を記念した体験型イベント「#009 WALKMAN IN THE PARK」が、東京・銀座で2019年9月1日まで開催されている。

ウォークマンの誕生から40年

1979年7月1日に発売されたソニーのポータブルカセットテーププレーヤー、ウォークマン「TPS-L2」。ソニーはその1号機の発売と、ウォークマンブランドの40周年を記念して、さまざまなプロジェクトを実施中だ。
ウォークマンに関したインタビューや対談が公開された「ウォークマン®40周年記念スペシャルサイト」も公開されている。

画像: 1979年に発売されたウォークマンの1号機「TPS-L2」 www.sony.co.jp

1979年に発売されたウォークマンの1号機「TPS-L2」

www.sony.co.jp

各世代のウォークマン実機を実際に操作し、聴ける!

東京・Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)では体験型イベント「#009 WALKMAN IN THE PARK」が2019年9月1日まで開催中。銀座ソニーパークの地上階から地下4階まで、ウォークマンに関連したさまざまな展示やイベントが用意されている。

地上階ではウォークマンのスポーツモデル「WM-F5」を高さ約2.5mで再現したオブジェ「Big Walkman」がお出迎え。「My Story, My Walkman」と名付けられた体験型展示では、1979年から現代までを1年毎に区切り、著名人40人が選んだウォークマンとの思い出やエピソードを展示。
その年に発売されていたウォークマン実機を実際に操作し、展示のウォークマンにセットされたカセットテープやCD、MD、DATといったメディアに記録されている当時の楽曲を楽しめる。

画像: 銀座では体験型イベント「#009 WALKMAN IN THE PARK」を開催中 www.sony.co.jp

銀座では体験型イベント「#009 WALKMAN IN THE PARK」を開催中

www.sony.co.jp

歴代ウォークマンが大集合

B4フロアの壁面には「Walkman Wall」が登場。
横幅約6メートルに渡り、歴代のウォークマン約230台を一挙に展示。
ウォークマン1号機はもちろん、カセットテープ機に限らずCDウォークマン、MDウォークマン、DATウォークマン、そしてメディアがメモリーに移行したあとの現代のウォークマンまでが集合。懐かしい一台に再会できるかもしれない。

カセットテープデザインの記念ブックレットももらえる!

会場内ではリーフレットが配布され、会場内4箇所に配置されたスタンプを集めるスタンプラリーを実施。
スタンプを集めると、ウォークマン40年間の進化が紹介された40周年記念ブックレットがプレゼントされる(ブックレットは数に限りがあり、なくなり次第、配布は終了)。
ほかにもさまざまな展示が用意されたイベント。現役のウォークマンユーザーはもちろん、音楽やガジェット好きならきっと興味深く楽しめるだろう。

「#009 WALKAMAN IN THE PARK」の開催期間は、2019年7月1日(月)から9月1日(日)まで。開場時間は10時〜20時、会場はGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)/地上階~地下4階、
入場料金は無料。

画像: スタンプラリーで入手できるウォークマン40周年記念ブックレット www.sony.co.jp

スタンプラリーで入手できるウォークマン40周年記念ブックレット

www.sony.co.jp

まとめ

ウォークマン誕生40周年を記念し、ソニーは特設サイトや体験型イベントを開催中。
東京の銀座ソニーパークで開催中のイベント「#009 WALKMAN IN THE PARK」では、歴代ウォークマンの展示はもちろん、著名人のエピソードと共に、実機で実際に当時の楽曲を聴いて楽しめる。スタンプラリーでは記念ブックレットも配布中だ。

◆大坪知樹
オーディオやPCといった記事を多く手がけてきたが、ガジェットはもちろん白物家電、クルマ・バイク、模型や玩具、時計に服・靴など基本的にモノが好きな物欲系フリーランスライター。

This article is a sponsored article by
''.