コーヒーが飲めないと言いながら、カフェオレやカフェラテは好きだという人は多い。実は今コーヒー市場で注目されているのが「ミルクたっぷり」のコーヒー。コーヒーが苦手だった方や、子供でも飲めるコーヒーが売り上げを伸ばしているという。ここでは、市販されているミルク多めなコーヒーを5種類紹介する。

コーヒーが苦手でも飲める「カフェオレ&カフェラテ」が大人気

パンに合う飲み物として人気の高いカフェオレ。コーヒーが苦手でもミルクたっぷりの「カフェオレ」なら飲める、という人も多い。

筆者は、市販のカフェオレは「中途半端」だと常々感じていた。例えば、コーヒーの味が強すぎるタイプは、その苦みを隠すために加えた甘味料で気持ち悪くなる、コーヒーの味が薄いがミルクのコクもない…など、好みの味になかなか出合えなかった。

『カフェオレは「コーヒーの主張」は控えめでミルクのコクたっぷり。思いっきり甘い方がおいしい。』そう思う筆者が、これまで、最強カフェオレと認定してたのが「高千穂牧場 カフェ・オ・レ」。

画像: ミルクと甘さのバランスが絶妙

ミルクと甘さのバランスが絶妙

乳製品で有名な高千穂牧場の牛乳が75%も使用されたミルクたっぷり、ほんのりコーヒーの風味が感じられる甘みの強いカフェオレだ。

そんな高千穂牧場のカフェオレ一筋の筆者だったが、最近は、ミルク多めのコーヒーを出すメーカーが増え、高千穂牧場のカフェオレと同等に美味しいものが増えてきている。今回は市販の「カフェオレ」のおすすめを紹介する。

カフェオレ&ラテのおすすめベスト5はコレ!

①高千穂牧場
「高千穂牧場 カフェ・オ・レ」

実売価格例:税込149 円
容量:220ml

画像: 高千穂牧場 カフェ・オ・レ 220ml 6本セット www.amazon.co.jp

高千穂牧場 カフェ・オ・レ 220ml 6本セット

www.amazon.co.jp

②カネカ食品
「Milk for Bread パン好きのカフェオレ」

実売価格例:220円(税別)前後
容量:1本あたり500ml

画像: 【カフェオレ&ラテ】コーヒー苦手でも飲める!ミルクたっぷりのおすすめコーヒー5選

以前、パン愛好家の間で話題になっている「パン好きの牛乳」という商品を紹介したが、その第二弾になるのが「パン好きのカフェオレ」。なんと北海道産ミルクを94%使用している。「ほぼ牛乳!」と、突っ込みたくなるが、控えめにコーヒー風味があるからこそ、この甘さが許されるのではないだろうか。

こちら、飲んでビックリ。筆者が好きな「高千穂牧場 カフェ・オ・レ」に近い味わいがあった。「パン好きの牛乳」のように後味がスッキリしているのが、高千穂との違いかもしれない。甘いカフェオレだが、パンの味を邪魔しないため、クロワッサンやサンドイッチに本当によく合う。

甘いカフェオレが苦手な方は、同シリーズの「パン好きの牛乳」にドリップコーヒーを混ぜて作ったら最高だと思う。

もし、ひとつ欲を言うならば、一人で飲む場合500mlサイズは多すぎる。240mlくらいのサイズがあればちょうどいい。

画像: ミルクがたっぷり。甘みが強いがスッキリ飲める

ミルクがたっぷり。甘みが強いがスッキリ飲める

③セブンイレブン
「カフェラテ ダブルクリーミー」

実売価格例:税込149円
容量:240ml

画像: 7premium.jp
7premium.jp

これは、チルドカップタイプのカフェラテとして発売されているもので、「カフェラテ、ダブルクリーミーラテ、ビターショット」の3種類あるうちの黄色い蓋のものだ。

名前の通り、生クリームと生乳がダブルで使用された3種のなかで一番クリーミーなタイプ。子供でも飲めるほどコーヒーの苦みはほとんどなく、甘いカフェラテだ。セブン・イレブンでパンを買ったら必ず購入するほど気に入っている。

※カフェラテとカフェオレの違い
カフェオレはコーヒーにミルクを混ぜたもの、カフェラテは「エスプレッソ」にミルクを混ぜたものと区別される。

画像: 苦みが少なく子供でも美味しく飲める味

苦みが少なく子供でも美味しく飲める味

④森永乳業
「マウントレーニア カフェラッテ クリーミーラテ」

実売価格例:税別150円
容量:240ml

画像: マウントレーニアのシリーズの中で一番ミルク分が多い www.mtrainier.jp

マウントレーニアのシリーズの中で一番ミルク分が多い

www.mtrainier.jp

上の項で、セブンののカフェラテを紹介したが、コンビニやスーパーでよく見るストローを刺して飲む「チルドカップタイプ」のコーヒーのパイオニアともいえるのが、マウントレーニア。クリーミーラテはミルク分80%で、シリーズの中では1番ミルク感が強いもの。コーヒーが苦手な人にも自信をもっておすすめできる鉄板商品。

⑤【番外編】ひまわり乳業
「ひまわりコーヒー」

容量:200ml
実売価格例:税込84円

画像: himawari.ocnk.net
himawari.ocnk.net

高知県でコーヒー牛乳といえば「ひまわりコーヒー」を挙げる人が多いのではないだろうか。筆者も子供のころから愛飲していた。このカフェオレは、テレビでも取り上げられたことのある高知県民の定番飲料「リープル」を販売しているひまわり乳業のもの。
リープルを飲んだことのある人ならわかるのだが、とにかく「甘い」。私の「甘いカフェオレ」推しはココから始まったといえる。本当に疲れた時に今でも無性に飲みたくなる味!

まとめ

コーヒーが苦手な人や、子供でも飲めるカフェオレ&カフェラテを紹介した。甘さや濃さも調整できるので、好みの味に近づけるには自分で作るのが一番なのだろうが、市販のカフェオレも侮れない。
甘くておいしいカフェオレは、疲れたなと感じた時に飲むとホッと安らぎの時間を与えてくれる。

This article is a sponsored article by
''.